1:現実を創造する

「自分はどう生きるか」を「決める」ことから全ては始まる

更新日:

「自分はどう生きるか」を「決める」ということは、自分が生きたい生き方をする為に「手放すもの」と「取り入れるもの」を選択することに繋がるので

様々な場面で選択を迫られた時に、自分の「生き方」に合う選択をすることがしやすくなります。

世界には沢山の人がいて、それぞれが「自分が思う正しさ」「生き方」を持って生きていますが

「今の自分が正しいと思うこと」は「今までの自分が見てきたもの」や「聞いてきたもの」など、自分の立場からの「現実の見方」によって出来ているので

新しい知識を得たり、新しい経験をすればする程に、自分の中の「正しいこと」が変わることにもなりますが

人の生き方が変わることは「自然なこと」なので、「過去の自分の価値観・考え方」に執着することなく

「生き方を決める」時や、「生き方を変える」時にも、新しい自分として生きる為の行動を起こしやすくなりますね。

自分はどう生きるのか」を、決める事が出来るのは自分だけで

自分の周りにいる人や、他の人がどう生きるのかは「その人が決める事」なので

自分は「自分が生きたい人生」を生きる事に集中する事が、自分の人生を生きる為に、とても重要なことになりますね。

・自分と周りは同調する

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、自分の周りには「自分と同調する人」「似た価値観を持っている人」が集まっているかと思いますが

今の自分の周りにいる人は「何をしている人が多いのか」「どんな価値観を持っている人が多いのか」を意識してみると、自分の「立場」や「価値観」、そして「未来」が見えてきます。

「学生は学生」と、「サラリーマンはサラリーマン」と、「主婦は主婦」と、「フリーランスはフリーランス」と、「社長は社長」と

立場が違えば現実の見方も違うものなので、優先順位も違うというのは分かりますし

「みんなと同じ」だと安心する、という人も多いかと思いますが

その「みんな」というのは「自分の立場」によって「どんな価値観を持ったみんな」で、「どこの立場にいるみんな」なのかが変わるので

みんなと同じなら「安心」というのは、一概には言えない、ということは意識しておくことが大切になりますね。

太宰治の「人間失格」という小説に「世間というのは、君じゃないか」という言葉がありますが

その人の言う「世間」や「みんな」というのは「その人の見ている世界」であり

「その人が同調しているもの」で「その人を表すもの」なので、「君の言う世間=君」だ、というのは分かりやすいですね。

自分の生き方を変えることや、新しい世界に踏み出す事、立場を変えることを選択するのであれば

「自分が変わる」ことと同時に「自分の周りも変わる」ことになるので、そうした「変化を受け止める」ことも、必要になってきますね。

「自分はどう生きるか」について考える時、人は「今の自分の立場」「自分が見えているものの中」でしか考えることが出来ないもので

自分が「知っていることを増やすことが選択肢を増やす」と意識して

出来るだけ「様々な人の生き方」や「視点」を知ることが、より自分が生きたい生き方をする事に繋がりますね。

・人は自分が生きたい人生を生きている

人は「自分が生きたい人生を生きている」「自分が見たいものを見ている」ものなので

現実に対して愚痴や不満が出てくるのは、自分が「その立場にいるから」だということを「受け止める」ことは、とても大切な事になります。

誰にでも不満や不安、恐れや心配があるかと思いますし、愚痴も出てくるとは思いますが

自分が変われば周りは変わる」ということを理解していれば、現実を受け止め「より自分が望む現実を歩む」事に繋がりますよね。

「自分はどう生きるか」を決めることは、これから自分が「どんな立場として生きるのか」や「どう在りたいのか」を意識することにもなりますし

出来るだけ「自分が本当に望むこと」をしながら生きていけるように、出来ることから行動することは大切になりますね。

「強く生きる」のか「優しく生きる」のか、「好きなことをして生きる」のか「好きではないことをして生きる」のか

「人を動かす」のか「人に動かされる」のか、「人と関わって生きる」のか「人と関わらずに生きる」のか

「自分はどう生きるのか」によって「周りに集まる人」も変わることになりますが

今の現実を変えることや、今までとは違う生き方をする選択をするのであれば

過去に対する執着を手放して「未来を創る繋がり」の方に焦点を当てることが大切になりますね。

今の現実は今までの自分が選択してきた結果であり、自分が「望んだこと」なので

これからの現実は「これから自分が選択すること」で創られていくと意識して、どんな人生を歩むのかを「自分で決める」ことが、重要になります。

◎「自分はどう生きるか」を「決める」ことから全ては始まる:要約

*自分と周りは同調する

自分はどう生きるかを決めることで、自分の周りはそれに合うように変化していくことになります。

自分と周りは同調する、ということを意識しておくことで、周りの人の変化は自分の変化でもあると実感することになりますし

「自分の周りにはどんな人がいるのか」を見ることで、自分自身の変化も実感することになりますね。

*人は自分が生きたい人生を生きている

人は誰でも、自分が生きたい現実を生きているものなので、自分は自分が生きたい現実を生きることに集中することや

それに合う人と人間関係を築きながら、生きることが大切になりますね。

どんな生き方をしても、合う人・合わない人というのは出てくるかと思いますが、自分が変わると、それに合うように自分の周りも変わるので

自分が生きたい人生を生きる」選択をすること、そしてそれは出来るだけ「人の成長」や「豊かさ」に繋がるものであることは、重要なことになりますね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.