1:現実を創造する

「今出来ることをやる」ことが大切な理由

更新日:

「今出来ることをやる」ことは、自分の人生を自分で創ることに意識を向けた状態なので、自分に出来ることに目を向け、未来に向かって前向きに生きることに繋がるので

今出来る事をやる事の大切さを自覚することは、自分に出来ることから始めることで、自分の未来を変えることにも繋がりますよね。

「千里の道も一歩から」と言われるように、それが例え自分から見て小さな一歩だと思えるようなものでも、人の人生というのはそうした「今出来ることをした積み重ね」によって出来ているものですし

今自分が「何を行動するのか」というのは「自分の未来を変えることに繋がる」ものなので

より生きたい現実を生きる為に、未来へと繋がる行動をとること、今出来ることから始めることが大切になりますね。

*今出来ることをやるだけで未来は変わる

人生というのは今の積み重ねであり、自分の過去を振り返ってみても「自分の行動が今の自分を創っている」と自覚出来るかと思いますし

未来を変えること、より生きたい現実を生きることを選択するなら、そこに向かって今出来ることをやることで、自分の未来を創っていくことに繋がります。

何もしなければ何も積み重ねることは出来ませんが、小さなことでも今出来ることをやるだけで未来は変わるという意識があれば

1日に5分でも10分でも、自分の未来に繋がる種を蒔くことや水をあげることを選択することで、何もしなければ咲かなかった花が咲くことに繋がりますよね。

*今出来ることに目を向けると行動が変わる

人は生きていれば人生に対して絶望したり、悲観したり、何もやる気が起きなくなってしまうこともあるかと思いますが、そうした時にも「今出来ることに目を向ける」ことで、現状を少しずつでも変えることが出来ますよね。

例えば疲れて何も考えられない時には「ゆっくり休む」ことや、体調が優れない時には「栄養のあるものを食べる」ことや「軽く運動する」ことなど

自分が出来る範囲で今出来ることに目を向けることも大切になりますし

将来の事を考えすぎて、何をしても無駄なのではないかと思うと何をする気にもならなかったりするかもしれませんが、自分が行動した事や経験した事というのは自分が「無駄にしなければいい」だけなので

今自分に出来ることに目を向け、自分に出来る事をする方が有意義な人生を送ることにも繋がりますよね。

自分は「今、何が出来るのか」と意識をするだけで、今自分に出来る事を考え始めるのが人間なので、日々を過ごす中で

「今、自分には何が出来るのか」を意識しながら生きることで、未来へと繋がる行動を取りながら生きることへと繋がりますね。

*「今出来ることをやる」自分で在ると人生は変わる

人は無意識に自分に出来る事をやって生きているかとは思いますが、それをより意図的に自分が「望む未来へと繋がる行動」を選択する事で、生きたい現実を生きる事にも繋がりますし

今出来る事をやることが出来る自分で在ることで、行動することが習慣になると自分自身も行動することに対する抵抗も無くなりますし、現実は行動すればする程に動くことになりますよね。

「行動できる自分で在る」ことは自分が生きたい現実を生きることや、自分の人生に対して責任を持ち主体的に生きることにも繋がります。

自分がやりたいと思った事はやってみるとか、やるべきことが決まっているなら早めに済ましておくこともそうですが

普段の生活を見直して、望む未来に繋がらない行動を辞め、望む未来へと繋がる行動をとることも、とても重要なポイントになりますね。

*過去は変えられなくても、未来は変えられる

今まで自分がしてきたことや、自分の周りで起こった事実というのは変えられるものではありませんが、これから自分がやることや、自分の未来を変えることは出来るものなので

自分が生きたい未来に繋がる行動を、小さなことからでも始めることや、自分に今出来る事をやることで、より自分が生きたい未来へと繋がりますよね。

今出来る事をやることが大切なのは、自分の未来を自分が創ることに意識を向け、主体的に生きることに繋がるからですが

自分の人生に対して責任を持ち、現実を受け止め、主体的に生きることを選択した時から、人は本当に「自分の人生」を生きていると思えるかと思いますし

現実が変わり続けても、どんな状況になったとしても、いつでも変わらず「今出来ることをやる」ことに意識を向けると、新しい道や扉が開かれるので

「今出来ることをやる」という意識は、人生においてとても大切なことになりますよね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.