1:現実を創造する

「覚悟を決める」と人生は動き出す

「覚悟を決める」ということは小さなことから大きなことまで様々ですが、私たちは日頃何かしらを「決めて」生きているものですよね。

ただ、「覚悟を決める」という言葉を使う時というのは

自分の中で腹を括ること

自分が決めた道を歩むことで何が起こったとしても、それを「受け止める強さを持つ」ことや

自分の人生に責任を持つ」ことだと捉えることが出来ますね。

例えばそれは「結婚」だったり「独立」だったり

これまでの生き方から「大きく変わる時」というのは、それなりに覚悟が必要になるかと思います。

ただ、何かを「決める」ことなしに現実は変わらないものですし

今の現実は「自分が決めたことによって出来ている」と、受け止めることも大切になりますね。

・未来を決める

覚悟を決めることは未来を決めることに繋がります。

人は人生を「過去→現在→未来」と「積み重ね」で見ることが多いかと思いますが

「未来」を決めることで「現在」が決まり、その為の「過去」であると

「決めた未来」の為に「今の現実があり」「過去がある」と捉える事も出来ます。

そうすると「未来の為に現在、過去がある」ので

これまで自分の人生で起こったことは「未来の為の学び」であり

学びを終えたなら「過去への執着は手放す」ことが大切になりますね。

未来を決めれば今が変わります。

どんな未来を歩みたいのかを「選択する」こと、その為の「覚悟を決める」ことが

今の現実を望む未来へと繋げていくことになりますね。

・それに相応しい自分になる

「覚悟を決める」ことは人に流されずに自分が生きたい現実を生きる「強さを持つ」ことになりますし

現実に対して「当事者意識」を持って歩むことに繋がりますよね。

現実に起こることに対して「被害者意識」を持って歩むことは

あなたの現実を良くすることには繋がりませんし

事実、現実から「何を受け取るのか」「どう解釈するのか」というのは「自分次第」で

自分の周りに「どんな人が居るのか」も「自分次第」です。

あなたがどんな現実を歩むのかは自由ですが

「覚悟を決める」ことで、あなたの現実はそれに相応しいものになる為に動き出します。

・態度、行動、姿勢が変わる

「覚悟を決める」ことで、自分自身の「態度」「行動」「姿勢」が変わり

それは「セルフイメージが変わる」ことになるので

「セルフイメージが変わる」ことによって

「周りの人の自分に対する態度が変わる」ことにも繋がりますね。

人は自分が持っている「自分のイメージ」に合わせて現実を歩んでいくものなので

それを「理想の現実を歩んでいる自分」に合わせることが

自分の現実を変えることに繋がります。

自分自身が「どんな人生を歩みたいのか」というのが大切にはなりますが

あなたの現実は「あなたに相応しい現実」へと変わっていくので

自分が「どんな自分で在りたいか」というのも

大切なことになりますね。

・現実を変えるのは「行動」

覚悟を決めるということは「行動を伴う」ことになります。

そして自分の現実を変える為に必要なのは「行動」ですが

それも理想の現実に向けた「行動を取る」ことが大切になりますね。

例えば、やりたい仕事をする為に「資格を取る」ことを決めたなら

その為に「勉強する」ことが必要になりますし

環境を変える為に「引越しをする」ことを決めたなら

その為に「理想の家を探す」ことが必要になります。

現実を変える「覚悟」を決めたら、あとはそれを「行動に移す」ことが必要ですが

人は「自分に合った場所にいる」ものなので

急に現実を大きく変えることを選択すると

それだけ大きな心理的な抵抗が生まれることにも繋がるので

確実に変えていく為には、一歩ずつ着実にコンフォートゾーンを広げていくことで

よりスムーズに現実を変えていくことが出来るので

出来ることから「行動すること」を、選択してみて下さい。

◎「覚悟を決める」と人生は動き出す:要約

*自分の人生に責任を持つ

覚悟を決めることは、自分の人生は「自分が選んだもので出来ている」と自覚し

自分の人生に対して責任を持ち、より理想の現実を歩むことへと繋がります。

被害者意識から当事者意識へと変わる時、本当に自分の人生を生きることが出来ますね。

*未来を決める

どんな未来に繋がる行動を取るのかを選択することは「今すぐに出来ること」です。

「未来を決める」ことで「今、自分は何をするべきなのか」が見えてきますし

覚悟を決めることで、何をするべきかという「優先順位」も決まりますよね。

*理想に相応しい自分になる

覚悟を決めることで、自然と「それに相応しい自分になる」ことにはなりますが

人は「変化を嫌う生き物」なので

昔の習慣や過去に引っ張られないように気を付けることは大切になりますね。

*現実を変えるのは行動

理想の現実、自分が本当に生きたい現実を生きる為の「覚悟を決める」ことは

それに向けた「行動を取る」ことに繋がりますし

現実は「行動しなければ何も変わらない」ものなので

理想の現実に向けた「行動を取る」こと

出来ることから「行動することを選択する」ことが重要になりますね。