1:現実を創造する

「何の為に働くのか」は自分で決める

更新日:

仕事に追われて生きていたり、仕事が忙しくてプライベートが疎かになったりしていると、自分は何の為に働いているのだろうと感じたり

働く為に生きている、生きる為に働くことになり

自分を大切にすることや、自分の周りの人を大切にする「余裕が無くなる」ことにも繋がりますよね。

「働いて稼ぐ」こと、そして「稼いで生活する」ことは人生で定番のルートではありますし

世の中は一人一人の仕事・労働によって回っているので、「働いている意味がないことは無い」のですが

自分自身が「働く意味」について納得のいく答えを持つことは、働くモチベーションにも繋がり

仕事や自分の人生と向き合う事で、本当にやりたい事をやる為に「違う生き方を選択する」ことにも繋がります。

「生きる為に働いている」という考え方を変えるだけでも、仕事に対する姿勢は変わりますし

仕事に対しての考え方が変われば、そこから新しく得られるものもありますよね。

何の為に働くのかを「自分で決める」ことは、現実に「何を与えるのか」や、現実から「何を受け取るのか」を決めるということ

それは仕事に当てる時間が多い人ほど「どんな人生を生きるのか」に繋がります。

仕事を通して社会との繋がりを感じたり、充実感を感じることもあるかと思いますが

仕事をしすぎて身体を壊したり、精神的に沈んでしまうのであれば、仕事とプライベートのバランスを考えることも大切ですよね。

・仕事とは何か

多くの人は生活をする為に仕事をし、仕事をして得たお金を使って生活をし、世の中が回っているものですが

自分が「何の為に働くのか」については、「自分自身が仕事に対する意味を付ける」「何の為に働きたいのか」を意識することが、重要になりますね。

「仕事とは何か」を考えていくと、「世の中を回す」ことや「人の望みを叶える」こと

「価値を提供する」ことや「社会との繋がり」を築くこと、「動くこと」「創ること」など様々ですが

これからの時代、今も既にそうなりつつありますが「人の仕事を機械(AI)がする」ようになり、人は働かなくてもいいようになり

人間が働かなくても機械が働いてくれる」時代になれば、「人が働く必要がなくなる」ので、それは今までの常識が大きく変わることになりますよね。

そうなった時に「仕事なくして自分を律することが出来るのか」は重要なことになりますし

そうした時代が来ているからこそ、「自分は何の為に働くのか」や、「仕事とは何か」について「自分なりの答え」を持っておくことや

そうした時が来ても大丈夫なように、出来ることをしておくことは大切ですね。

・優先順位を決める

自分が人生で「何を優先するのか」によって、「何の仕事をするか」「何のスキルが必要か」「どんな自分になればいいのか」などを決めることに繋がりますが

「何の為に働くのか」を考える余裕があるというのは、実際の所とても「恵まれた環境」だということを自覚する

自分に出来ることは沢山あることに気づきます。

自分はこれからどんな未来を創っていきたいのか

それを決めることが今、自分が選ぶ道を決めることに繋がりますし、未来を決めることで、より生きたい現実を生きる為の一歩になりますよね。

「今を生きること」は大切ですし、人生は今の積み重ねで、不確かな未来に不安を感じることもあるかと思いますが

自分が「人生でやりたいこと」「優先したいこと」が決まれば、「どんな仕事をすること」が自分の望む未来へと繋がるのかも、見えてくるのではないでしょうか。

「好きな時に好きな場所で生きたい」と考えるなら「どこでも仕事が出来るようにする」か「働く仕組みを持つ」ことが必要になりますし

「人と関わっていたい」と考えるなら「人と関わることが多い仕事」を選ぶこと

「楽に生きたい」と考えるなら「ライフワークバランス」を意識したり、それを可能とする場所で働くことなど

自分が「優先したいこと」を明確にし、それに向けて行動することで「仕事に対する充実感」を得ることにも繋がり

自分自身の「目的が明確」であれば、それに繋がる行動も取りやすいですよね。

・需要がなければ成り立たない

「仕事」というのは「需要と供給」によって出来ているので

例えば、気温が高く人にとって「多くの水分が必要な場所」では「水」に対する需要や価値が高まるように

「必要としている人」がいる所に「必要とされているもの」を提供することで、価値の交換が成り立つので

自分が「人生でやりたいこと」「優先したいこと」が「周りの人にとっても価値のあるものかどうか」「周りの人の求めていることかどうか」を

意識することは大切になりますね。

世の中は常に変化しているものなので、これまで「需要があったもの」の「需要がなくなる」こともありますし

そうした「変化に対応する」ことが「変化のスピードが早い時代」ではとても大切になりますが

自分が「やりたいこと」「優先したいこと」の「目的」がしっかりしていれば、「手段が変わる」ことはあっても、「目的は変わらない」ものですよね。

「何の為に働くのか」という「目的」をしっかりと持つことで

その為の「手段」を「需要」に合わせて柔軟に変えることにも繋がるので、「何の為に働くのかは自分で決める」「目的を明確にする」ということが、大切になるのですね。

・視野を広げて現実を見る

「何の為に働くのか」「何をして生きていくのか」というのは「自分の知っていることの中からしか生まれない」ものなので

視野を広げて様々な「仕事を知る」ことや「人が望んでいることを知る」ことで

より「自分に合った仕事」をすることや、「需要を見つける」事に繋がりますよね。

人は「自分に合った環境に生きている」ものなので

視野を広げて現実を見る時には「自分の価値観・考え方」は出来るだけ手放して「事実だけを見る」ことや

自分に合う環境に移動することで「より生きたい現実を生きる」ことに繋がります。

例えば働く時の「条件」として「家からの近さ」を優先していたのであれば

その範囲を広げることで、より自分が働きたいと思える「職場」を見つける可能性も広がりますし

「いくら稼げるか」を優先していたのであれば、お金よりも「働きやすさ」に目を向けてみることで、「仕事と生活のバランスを取る」ことにも繋がります。

何の為に働くのか、働く時に「何を優先するのかを決める」こと、そして「選択する」ことで、現実は変わることになりますね。

◎「何の為に働くのか」は自分で決める:要約

*仕事とは何か

「仕事とは何か」については様々な意見があるかと思いますが、仕事は「人の欲を満たすコトやモノ」に繋がっているので

仕事をする事で、自分自身が「何を与えることが出来るのか」を意識してみたり、自分は「何を与えたいのか」を考えてみることも大切になりますね。

*優先順位を決める

自分が「何を優先して生きたいのか」を考えることや、決めることで

今の仕事を続けるか、それとも違う仕事に移動するか、目的の為の「手段を変える選択」をすることにも繋がりますし

落ち着いてゆっくりと、自分の人生や仕事について、向き合う時間を取ってみることも大切ですね。

*需要がなければ成り立たない

何に対しても言えることですが、仕事というのは「相手が居ないと成り立たない」ものなので

「人が望んでいること」で「自分に出来ること」があるのなら、それが仕事になりますね。

*視野を広げて現実を見る

「仕事の形」というのは、時代と共に変わるものではありますし

「これからの時代に無くなる仕事」や「残る仕事」といった話題も上がったりしますが

視野を広げて現実を見る事で、世の中の流れを見ながら、自分が出来ることややりたい事を選択して行くことに繋がりますよね。

選択肢は知らなければ無いのと同じ」なので、自分の可能性を広げる「選択肢を知る」ことに目を向けることで

より「働きたいことの為に働く」ことや、「目的」の為に「色々な手段を選ぶことが出来る」ような柔軟性を持つことも出来ます。

視野を広げて現実を見ることは、仕事だけではなく、自分の人生に大きく関わることなので、出来るだけ意識しておくこと

そして「今に目を向け、出来ることをする」ことが、現実を変える事、より生きたい現実を生きる事に繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.