1:現実を創造する

「自分はどうしたいのか」を明確にして生きたい現実を生きる方法

投稿日:

「自分はどうしたいのか」は自分の人生を生きる為にはとても大切な問いになりますし、自分がどうしたいのかを明確にすることで自分が生きる方向性を明確にしたり

自分にできることを行動すること、そして生きたい現実を生きることにも繋がるものですよね。

自分のこれからの人生についてや、自分自身の生き方について、自分がどうしたいのかが明確であれば進む方向も明確になるものなので

自分自身と向き合うことで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*色々な人の生き方を自分の可能性として見る

「自分がどうしたいのか」を決める為には、自分が「どうできるのか」や「何ができるのか」を知ることも大切になりますよね。

自分が知らないことは自分の人生の選択肢にはならないものですし、自分が知っていることを増やすことや、色々な人の生き方を見ることで

それを自分の可能性として見ることも出来ますし、沢山の人の生き方を見ることで自分にある沢山の可能性に気づくことにも繋がります。

今の時代はインターネットで検索すれば色々な人の生き方を知ることが出来るので、ブログやSNSで色々な人の生き方を知ることで、自分が生きたい生き方を見つけたり

新しい可能性を見つけたりすることで、自分が「こうしたい」と思うものを見つけながら、生きたい現実を生きることに繋げることが出来ますね。

例えば、海外に住んでいる人のブログや情報を見ることで「海外に住む」という選択肢を見つけたり、その為に必要なことや出来ることが見えてくると「現実的に捉えること」が出来るように

会社に雇われずに生きている人のブログや情報を見る事で「会社に雇われずに生きる」という選択肢を見つけたり、その為に必要なことや出来ることが見えてくると「現実的に捉えること」が出来るように

色々な人の生き方を「現実的に捉える」事で、自分の生き方の可能性として捉えることや、実際に自分自身の生き方を変えたり、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますよね。

*自分の人生に自分で責任を持つこと

自分の人生に自分で責任を持って生きること、自分の人生に対して当事者意識を持って生きることは「自分はどうしたいのか」を優先して生きることにも繋がります。

人は誰でも自分に合う現実を生きているものですが、その現実を生きることを決めているのは自分であり、それを変えることが出来るのも自分なので

それなら出来るだけ「生きたい現実を生きること」を選択したいと思いますよね。

その為にも「自分の可能性を知る」ことや「自分自身で経験してみる」事で、より自分が生きたい現実が明確になったり、より生きたい現実を生きることへと繋がるので

自分の人生は色々な可能性に繋がっていて、その可能性の中から何を選ぶのかは「自分次第」だと受け入れて

より生きたい現実を生きることや、やりたいことをして生きることへと繋げること

「悩んでいる時間」というのは「何もしないことを選択していること」と同じなので、自分の時間を大切にすること、「今の自分に出来ることをする」ことも大切なポイントになりますね。

*知識を増やして選択肢を増やす

「自分はどうしたいのか」という悩みは、その「選択肢を知る」事で解決することもあるので

自分自身が持つ知識を増やして、自分の人生の選択肢を増やすことで、自分がどうしたいのかが見えてきたり、より明確になることにも繋がりますよね。

自分がどうしたいのか分からない、という時は「どうしたいと思う程のものがない」こともあると思うので、「自分はこうしたい」と思えるものと「出会う」ことで

自分の中に「自分はこうしたい」という「明確な意志」を持つことにも繋がりますし

その為にも、自分自身の知識を増やすことや色々な経験をしてみることで、「これだ」と思うものとの出会いに繋げてみて下さいね。

本を読んだりブログを読んだり、ニュースを見たりSNSを見たり、世界との繋がりは沢山溢れているものなので、それを「消費する側」として生きるのではなく「生産する側」として生きることを考えることで

「自分が人に与えられること」や「自分が人に与えられる価値」に気づいたり

「与えることの喜び」を感じながら生きることにも繋がりますし、色々な知識を増やすことで自分の選択肢を増やすことで、より生きたい現実を生きることが出来ますね。

*自分の世界を広げる事で可能性を広げる

人は誰でも自分の世界を持っているもので、自分の世界を広げることは自分の可能性を広げることに繋がるもので

それは自分が「何が出来るのか」や「どうできるのか」という「選択肢を増やす」ことにも繋がりますよね。

「自分はどうしたいのか」は自分が知っていることの中からしか生まれないので、自分がどう出来るのかの選択肢を増やす為にも自分の世界を広げることで

より広い視野で考えることや「自分はどう出来るのか」という可能性を広げることにも繋がります。

人は自分の周りにいる人の生き方に影響されることも多いものなので、自分自身が色々な人と関わりを持ってみる事でも自分の世界を広げることに繋がりますし

周りにサラリーマンが多い人はサラリーマンとしての人生を送る可能性は高く

周りにフリーランスが多い人はフリーランスとしての人生を送る可能性が高いように

自分の世界を広げる為には「自分と違う業種の人と関わる」ことや「自分と違う生き方をしている人と関わる」ことで、自分の世界を広げることにも繋がりますよね。

自分の世界は自分が興味のあるもので出来ているものではありますが、世界は広いですし、日々新しいものが生み出される世界で、自分が知らないことというのは沢山あるものなので

色々な人の生き方、色々な人の世界に触れてみることで、自分の世界を広げながら、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*好きなこと、やりたいこと、興味があることを書き出す

自分はどうしたいのか、ということを考えて紙に書き出してみるのも、自分が何をしたいのかや、自分が興味のあるもの

自分が好きなものや自分が生きたい人生などを明確にすることに繋がりますよね。

自分自身と向き合う事で見えてくるものは沢山あるものですし、紙に書き出してみることで頭の中が整理されたり、自分がやりたいことをやることに繋げることも出来ますよね。

自分はどうしたいのか、というのは「自分がやりたいこと」や「自分が好きなこと」を明確にすることで、「共通すること」が見えてくることもあるので

自分がやりたいことや自分が好きなことは「何に繋がっているのか?」に気づいたり、それを理解することにも繋がります。

自分が好きなことややりたいこと、興味があることというのは「自分が生きたい現実」に繋がっているものなので

普段から自分が何を求めているのか、ということが見えてくると、より自分自身を理解することや、自分が生きたい現実を理解することに繋がりますね。

*生きたい現実を生きている自分をイメージする

自分が生きたい現実を生きているイメージをすることも、自分はどうしたいかが見えてくることに繋がりますよね。

「こんな人生を送りたい」というイメージがあると、それに相応しい自分で在る為に出来ることを行動することにも繋がりますし

色々な人の生き方を見ることで、自分も「こんな人生を送りたい」と思える生き方をイメージしやすくなりますよね。

「安定した人生を送りたい」と思う人もいれば「刺激的な人生を送りたい」と思う人もいて

「人に雇われて働きたい」と思う人もいれば「人を雇って働いてもらいたい」と思う人もいて

「楽しい人生を送りたい」と思う人もいれば「穏やかな人生を送りたい」と思う人もいるもので

今の現実も捉え方を変えるだけで「自分が生きたい現実を生きている」ことにはなるのですが

より生きたい現実をイメージする時には、自分の一歩先にいる人を目標にしたり、「自分にも出来る」と思えるイメージを持つことで、それを現実のものとしやすくなるので

自分の現実を一つずつ自分が望むものへとしていく事で、現実をより自分が生きたい現実へと変えてみて下さいね。

*自分は「どう在りたいのか」を明確にする

人はどんな人生を歩んでいたとしても、現状に満足出来る人と出来ない人とに分かれるもので、現状に満足している人は「在りたい自分で在れる」ことを大切に生きていたり

自分の「在り方に満足している」ことが挙げられるので、自分はどうしたいのか、を考える時には「何がしたいのか」よりも「どう在りたいのか」を考えてみると

その「在り方に合った選択肢」を選ぶことにも繋がりますよね。

自分自身の「在り方が変われば現実は変わる」ものなので、まずは自分自身が「どう在りたいのか」を決めること

例えば「誠実で在りたい」「健康で在りたい」「幸せで在りたい」「寛容で在りたい」「楽しく在りたい」など、人によって「どう在りたいのか」「どんな人生を生きたいのか」は違うものですが

自分自身の軸を持つ事で、その在り方に合った現実を生きることや、自分が生きたい現実を生きることへと繋がるので

自分はどうしたいのか、自分はどう生きたいのか、今の自分に分かることから明確にすることや行動に移す事で、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.