1:現実を創造する

「自分を創る」ことを意識して、生きたい現実を生きることへと繋げる方法

更新日:

人は誰でも自分に合う現実を生きているもので、自分を変えたいと思ったり、より生きたい現実を生きることを選択するなら

自分が生きたい現実を生きている「自分で在る」為に、価値観や考え方を変えることや行動を変えること

自分の生き方を変えることで、より生きたい現実を生きている自分に相応しい自分へと変えていくことで

より生きたい現実を生きることへと繋げてもらえれば幸いです。

*生きたい現実を生きている自分をイメージする

生きたい現実を生きている「自分を創る」為には、まずは生きたい現実を生きている自分をイメージすることから始まります。

自分が生きたい現実を「決める」ことが、それに合う自分で在ることに繋がるので

自分が生きたい現実をイメージしてみたり、自分が生きたい生き方をしている人を参考にしてみることで

生きたい現実を生きている自分の「価値観や考え方」「生き方」「服装」「人間関係や人との関わり方」「話し方や態度」「住んでいる場所」や「食べているもの」など

詳細にイメージしてみることで、生きたい現実を生きている自分で在る為に必要な要素も見えてきますよね。

*生きたい現実を生きる為に大切な要素

生きたい現実を生きる為には大切になるポイントがいくつかありますが、人は誰でも自分に合う現実を生きているものなので

自分に合うものを変えること、自分と「繋がりのあるものを変える」ことが、より生きたい現実を生きることに繋がります。

その大きな要素としては「人間関係」や「住む場所」「仕事」、「現実の見方」に「身に付けるもの」などがあるので

そうした「繋がりを変えること」で、より生きたい現実を生きている自分で在ることへと繋げてみて下さいね。

*生きたい現実を生きている自分の人間関係

人間関係は言うまでもなく、自分を創る大きな要素になりますよね。

人との関わり方や人間関係は自分の生き方、ライフスタイルに大きく影響するもので

自分がどんな人と関わることが「生きたい現実を生きることに繋がるのか」や

生きたい現実を生きている自分は「人とどんな関係を持っているのか」をイメージしてみることで

今の自分の周りの人間関係をよりよくすることや、新しく生きたい現実に合う人と人間関係を築いていくことで

より生きたい現実を生きることへと繋がります。

今の自分の周りの人間関係というのは「今の自分に合う人間関係」なので、より生きたい現実を生きることへと繋げる為には

今自分の周りにいる人との関わり方を変えることや、新しく生きたい現実に合う人と人間関係を築いていくことを選択することで

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*生きたい現実を生きている自分が住んでいる場所

自分が「住んでいる場所」も、自分を創る1つの要素になります。

生きたい現実を生きている自分が住んでいる場所をイメージしてみたり、実際に自分がそこへ住むことは、生きたい現実を生きることへと繋がりますよね。

生きたい現実を生きている自分は「どこに住んでいるのか?」「どんな家に住んでいるのか?」「どんな部屋に住んでいるのか?」「家の周りの環境はどのようなものか?」などを考えてみたり

実際に家や賃貸の情報をみて見ることで、より「現実的に」考えることも出来ますよね。

今の自分が住んでいる場所に満足することや、感謝の気持ちを持ちながら生きることも、生きたい現実を生きる為には大切なポイントにはなりますが

現実を変えるのは「行動」であり、自分の本当の望みというのは「行動に現れる」ものなので

自分が住みたいと思う場所に住むことで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*生きたい現実を生きている自分がしている仕事

自分がしている「仕事」も、自分を創る大切な要素になりますよね。

「仕事」についての考え方も人それぞれではありますが、自分が「与えられる価値を与える」為にする「手段」だと思うと分かりやすいので

生きたい現実を生きている自分がしている「仕事」は「人にどんな価値を与えているのか?」「人にどんな価値を届けているのか?」を意識してみたり

その仕事が出来る自分で在る為には、何をする必要が在るのか?を考え、行動に移すことで

より生きたい現実を生きる自分で在ることへと繋がりますよね。

*生きたい現実を生きている人の現実の見方

自分の「現実の見方」や「現実の受け取り方」というのは、自分の生き方に大きく関わってくるものですし

生きたい現実を生きることを選択するなら、「生きたい現実を生きることが出来ると信じていること」は、とても大切なポイントになります。

人は自分が「信じたいものに目を向ける」ことで、その可能性や選択肢を見つけたり増やしたりすることが出来るものなので

自分自身が「可能性に目を向けること」や「生きたい現実を生きること」で、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

生きたい現実を生きる為には、自分の人生に対して自分で責任を持って生きることは大切になるので

現実に対して当事者意識を持って生きることや、自分を変えることで、より生きたい現実を生きることがポイントになりますね。

*生きたい現実を生きている自分が身につけているもの

生きたい現実を生きている自分を創る為には、生きたい現実を生きている自分が「何を身につけているのか」をイメージしてみて

それに合わせて自分自身が身に付けるものを変えることも効果的です。

簡単に考えてみても、社会人ならスーツを着て仕事をしている人が多いですし、畑仕事をしている人は動きやすくて汚れても大丈夫な服を着ていたり

OLさんならキレイ目な格好をしていたり、近くのスーパーで働いている主婦の人は動きやすい服装だったり、お医者さんなら清潔な格好をしているもので

誰もが自分のライフスタイルに合う格好をしていますよね。

自分を創ること、より生きたい現実を生きている自分で在ることを考えるなら

自分自身が「生きたい現実に合うものを身に付ける」ことで、より生きたい現実を生きることへと繋がりますし

自分が「生きたい現実に合う服装」や「生きたい現実を生きている自分が身につけているもの」を増やしていくことで

より生きたい現実を生きること、その現実に合う自分で在ることを選択してみて下さいね。

*自分を創るのは周りの人

人は誰も一人で生きている訳ではありませんし、人との関わりや繋がりの中で自分自身が創られるものでもありますが

自分は「どう生きたいのかを決める」ことで、生きたい現実を生きることへと繋がっていきますし

自分が生きたい現実を生きることで、生きたい現実を生きている自分に合う人が自然と周りに集まることになるので

自分が「生きたい現実を明確にする」こと、そして自分の行動によって自己開示することで

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.