1:現実を創造する

継続は力なり、続けることで得られるものたち

投稿日:

継続は力なり、とはよく聞く言葉で、馴染みのある言葉ですが

続けることが苦手だったり、出来なかったり、飽きっぽい性格の人は、「継続は力なり」を実感することが難しいですよね。

何かしらを「続ける」ということは、自分の軸を持つことや、広い視野を持つことにも繋がるので、続けることで得られるものに焦点を当てることで

「続ける」ことの重要性を理解すると、小さなことからでも、「続ける選択をする」ことが出来るかと思いますし

「継続は力なり」という言葉を「実感」することで、より生きたい現実を生きることにも繋がるので、ぜひ「続けること」を意識して

自分に出来ることから、行動してみて下さいね。

・人間関係を築くことが出来る

仕事でもプライベートでも、何かしらを「続ける」ことで、その「人間関係の輪」の中に入ることになり、そこで人間関係を築くことに繋がりますよね。

仕事を続けることで出来る人間関係は、自分が働いているお店だけではなく、続けることで他のお店の人たちと交流することもありますし

プライベートの人間関係でも、何度も会っている内に親しくなったり、共通点がある人や、価値観や考え方が合う人とは特に、長くお付き合いをすることもありますよね。

続けること、継続することは「その場に馴染む」ことに繋がるので、「自分の居場所を創る」ことにも繋がりますし

自分の居場所を創ることは、自分の世界を創ることや広げることにも繋がりますね。

・知識に深みが出てくる

仕事や勉強などは特に、続けることで知識に深みが出てきたり、専門性も増すことになります。

自分が「当たり前に知っていること」が増えていくにつれて、後で学ぶことなども「関連させて考えることが出来る」ので

1つの事を続けることで、他の知識にも結びつきやすくなりますし、知識に深みが出てくると、色々な視点で現実を見ることも出来るので

自分が興味のあることや、自分の好きな事を中心に「続けること」を意識することで、継続もしやすいですよね。

何かしらを「続ける」ということは、自分自身の「土台を創る」ようなものだと意識すると、より分かりやすいかと思いますし

例えば「健康に生きる為に毎日運動をする」ようなイメージで

「何を継続することで、より生きたい現実を生きることに繋がるのか」を、考えてみるのもいいですよね。

・慣れによる安心感

継続すること、続けることは、それに「慣れる」ことで「安心して過ごす」ことにも繋がります。

人には「コンフォートゾーン」と呼ばれる「快適に過ごすことが出来る範囲」がありますが、それは自分自身の経験と共に広がっていくものでもあるので

続けることで少しずつでも自分自身の「コンフォートゾーンを広げる」こと、自分が「安心して暮らせる範囲」を広げることにも繋がりますよね。

初めて行く場所や初めての人と合う時などは少なからず「不安」や「緊張」があるかと思いますが

それも「慣れる」と安心できるようになる経験は誰にでもあるかと思いますし

「仕事も慣れるまでが大変」だと言われたりもするように、それは「慣れれば楽」だということでもありますよね。

「慣れる」為には知識や経験も必要になってきますが、それが自分自身の可能性を広げることや、自分自身の成長に繋がると意識できると

まずは「継続する」こと、続けることが大切だと腑に落ちるのではないでしょうか。

・広い視野

人は「自分が見えているもの」で自分の現実を創っているものですが、自分が見えているものが増えることによって「視野の広がり」も経験することになりますよね。

それは例えば、独り身の人は「自分のこと」を、パートナーが居る人は「自分とパートナーのこと」を、家族が居る人は「自分と家族のこと」を考えるように

一般社員の人は「自分のこと」を、管理職の人は「自分と自分が管理する範囲の人のこと」を、社長は「自分と自分の会社で働いてくれている人のこと」を考えるように

「自分と関わりのある範囲」が広い人ほど、視野を広く持つことになりますし

仕事でもプライベートでも、付き合いが長くなるとそれだけ「自分と関わりのある人やもの」は増えることになりますよね。

継続することは、そうして視野が広がることや、自分と繋がりがあると感じられる人が増えることになるので、それは「自分の世界が広がる」ことにも繋がりますね。

・継続が力になるのは、繋がりが出来るから

「継続は力なり」と言われるのは、続けることによって「繋がり」が出来るからで、私たちは生きていると様々な「繋がり」を経験することになります。

家族の繋がり、職場の繋がり、趣味の繋がりなど、そうした繋がりは「自らが動くこと」で増えていくものですし

何かしらを「続ける」ことで「繋がり」が出来ると、それが自分を創ることにも繋がりますよね。

例えば「遊び」を続けることで「遊べる場所」や「遊べる人」が増えること

「学び」を続けることで「知識」や「学べる人」が増えること

「仕事」を続けることで「出来ること」や「買いに来てくれる人」が増えることなど

「自分」というのは「自分と繋がっているもの」で出来ているので、自分が「どこと繋がるか」「誰と繋がるか」「何と繋がるか」を意識すること

「望む現実に繋がる行動を継続する」ことで「繋がりを築く」こと

そして「繋がりを増やす」ことが、より生きたい現実を生きることにも繋がっていくので

自分が「何を継続することが望む現実へと繋がるのか」を意識して、それを続ける選択をすることが大切になりますね。

◎継続は力なり、続けることで得られるものたち:要約

*人間関係を築くことが出来る

何かしらを続けることは、それに関わる人たちと人間関係を築くことにも繋がりますし、そうした人間関係の繋がりは、継続することでより深みを増したり、大切になっていくものでもありますよね。

*知識に深みが出てくる

継続することで知識に深みが出てくることは、生きていると実感できるものだとは思いますが、最初は知らない事ばかりでも、続ける事で「理解が深まる」ようになりますし

理解が深まることで、その分自分の世界が広がることにも繋がりますね。

*慣れによる安心感

仕事を始めたばかりだと慣れないことが多く、脳が情報を処理するのに大変で疲れることも多いかと思いますが、続けることで慣れてしまえば、そこまで大変に思うこともなくなりますし

色々な経験をすることで、自分が「出来ること」や「慣れ」が増えると、落ち着いて行動出来るようにもなりますよね。

*広い視野

人は生きていると、少しずつでも視野は広がっていくものだと思いますが

何かしらを続けることで、自分が経験したこと、知っていること、共感できることが増える事は、自分自身の視野を広げることに繋がりますね。

*継続が力になるのは、繋がりが出来るから

継続は力なり、と言われるのは、続けることで「自分と繋がりのある人、もの、コト」が増えるからで、そうした「繋がり」によって、自分自身が出来ていると気づくことは

自分が「どこと繋がるのか」「誰と繋がるのか」「何と繋がるのか」を選択する時にも役立ちますね。

今の現実は、これまで自分が「繋がってきたもの」で出来ているので、より生きたい現実を生きる為には

「望む現実に繋がる行動」を「継続する」ことが、重要になるので、自分に出来ることから行動すること、続けることを選択してみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.