1:現実を創造する

自分が変われば周りが変わる

更新日:

「自分が変われば周りが変わる」ということは、鏡の法則や引き寄せの法則について、聞いたり読んだりしたことがある人は、大凡のイメージはつくかと思いますが

自分が歩んでいる「今の現実」というのは「自分に合う現実」であり

今の現実を変えたいと考える人は、「自分が変われば周りが変わる」という事を「自覚」することや「気づく」ことで

「自分が変わることで現実を変えることが出来る」と、心から「実感する」ことに繋がりますよね。

現実から「何を受け取るのか」「何に目を向けるのか」「何を感じるのか」というのは人によって様々ですが

人が見ている現実というのは「事実」と「思い込み」によって出来ているので

普段自分が見ている現実から、受け取っている思い込みは自分次第で変えることが出来るものなので

現実に起こった出来事から、「自分が何に目を向けるのか」や、視野を広げて「落ち着いて現実を見る」ことが大切だと、意識しておくことは重要ですね。

・人は自分が見たいものを見ている

人が「現実から受け取るもの」というのは「自分の中にあるもの」であり

自分自身の「現実の見方」や、「自分が信じているもの」「自分の生き方」を知ることにも繋がります。

例えば「高級なブランド品を身に付けている人」を見た時に何を感じるか、何を思うかというのは人それぞれで

「お金に余裕があるんだな」と思う人

「頑張って買ったのかな」と思う人

「レンタルかな」と思う人

「そのブランドいいよね」と思う人

「そもそも気づいていない人」などがいる一方で

「見せつけてるのか」と思う人

「負けてられない」と思う人

「羨ましい」と思う人

「不相応だ」と思う人などもいるかと思いますが

自分が「何を思うのか」「何を感じるのか」は自分で選ぶことが出来るものなので

「望まない現実を歩く選択をしている」と気づいた時には

「一旦落ち着く」「気持ちを切り替える」「少し時間を置く」などの選択をして

そこから「自分が本当に生きたい現実を生きることに繋がる選択」を、することが大切になりますね。

・自分が見ているものが「自分の望み」

自分が現実の世界から「何を受け取るのか」は、大凡「自分で選ぶことが出来るもの」であり

「自分が見ているもの」が「自分の望み」であり「自分に合っているもの」ですよね。

ホラーが嫌いな人はホラー映画を見ないように、幸せそうな人が嫌いな人は幸せそうな映画を好んでは見ないもので

自分が興味のあるものや、普段から自分は「何に目を向けているのか?」を意識してみると

「自分が本当に望んでいること」「無意識の望み」に気づいたり

「これから本当に生きたい場所」に焦点を当て、そうした人生を生きることにも繋がりますし

自分が「どこと繋がっているのか」を意識することで、より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

・自分がどこと「繋がっているのか」を意識する

「自分がよく一緒にいる5人の平均が自分である」という言葉があるように

自分の周りにいる人は自分に合う人、自分と価値観や考え方が似ている人になるので、自分の周りにいる人を見ることで「自分の姿」が見えてきます。

今の現実を変えることを考えたり、より生きたい現実を生きることを選択するなら

「自分が生きたい現実を生きている人」や「理想の人」と一緒に居る時間を増やしたり

出来るだけ「本当に生きたい場所で生きること」、その場所と「繋がること」を選択することが大切になりますね。

楽しいことが好きな人は、楽しい場所に生きますし

穏やかな時間が好きな人は、穏やかな場所に生きますし

頑張ることが好きな人は、頑張る場所に生きることになります。

好き嫌いだけで測れるものでもありませんが、自分の現実は自分が変わると変わるものでもあるので

自分が「どこと繋がるか」を変えることで、より生きたい現実を生きることへと繋がりますね。

・人を変えたいなら自分を変える

「誰かを変えたい」と考えることは、生きていれば誰にでもあるかもしれませんが

自分の周りに居る人というのは「自分に合う人」で「自分がそこに居るために必要な人」であり

「自分の立ち位置を教えてくれる人」でもあるので

「誰かを変えたい」と考えるのではなく、「自分を変える」ことで

あなたの周りに集まる人や、相手に見るものが変わることになりますよね。

現実を変えたい人、変わりたい人というのは「勝手に変わっていくもの」なので

自分は「自分がどう在りたいか」を意識しながら生きることで、周りの現実を創造していくことに繋がりますね。

・自分が生きたい現実を生きる

人は「自分が生きたい現実を生きているもの」ですが

今の現実を変えたいと考えたり、より自分が望む現実を生きることを選択するなら

「そこに生きている自分で在る」こと「理想と繋がる」ことが重要になりますね。

例えば自分が生きたい現実を生きている人は「現実をどう見ているのか」

「何に焦点を当てて生きているのか」「どんな未来を描いているのか」

そして「どんな流れに乗っているのか」

色々な人の「価値観・考え方・現実の見方」を知ることで自分の視野も広がり

人の言っていることが「本当に理解できる」ことにも繋がりますよね。

自分が生きたい現実を生きることを選択することは

自分に「生きたい人生を生きる許可をする」ことも大切になりますし

それは「人にもその人が生きたい人生を生きることを許す」ことにも繋がりますね。

・人を許すことは自分を許すこと

人はそれぞれ「自分が正しいと思うことをしている」もので、そうした世の中を創るのは一人一人の人ですが

私たちはみんな繋がっているもので、自分の前にいる相手を「創っているのは自分」だという意識があれば

許せないと思う「相手を許す」ことや、「自分はどこで生きるのか」を、選択することが大切になりますね。

自分の周りは「自分と繋がっているもの」なので、自分は「自分が生きたい場所で生きている」と自覚し

現実を変えることを考えるなら、少しずつでも「自分が本当に生きたい場所で生きる」ことを、選択し、行動に移すことが、とても重要になりますね。

◎自分が変われば周りが変わる:要約

*人は自分が見たいものを見ている

人は自分が見たいものを見て、生きたい現実を生きているもので、それを変えることが出来るのは「自分」であり

現実から「何を受け取るのか」を「変える」ことで、人の印象も変わりますし、それは自分が現実に与える反応も変えることに繋がり

「生きたい現実を生きる為の選択」を取ることで、より生きたい現実へと、変えていくことに繋がりますね。

*自分が見ているものが「自分の望み」

自分が見ているもの、自分が焦点を当てているものが「自分の望み」「自分に合うもの」だと自覚することで

自分が「本当に見たいもの」に焦点を当てることや、それに向けて行動することが、より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

今の現実を変えることや、より生きたい現実を生きることを考えるなら、視野を広げて現実を見て、そこから自分が「何を選択するのか」を決めることが、大切になりますね。

*自分がどこと「繋がっているのか」を意識する

自分がどこと繋がっているのかを意識することは、自分がどこで生きることを選択するのかにも繋がりますし

人の縁でもそうですが、人は基本的に「自分に合う人と付き合っている」かと思いますが

自分がどこと繋がっているのかを意識して生きることで、自分を変えて周りに居る人を変えることにも繋がりますね。

*人を変えたいなら自分を変える

生きていると誰でも「自分とは合わない人」が出てくるかとは思いますが

そうした人を「変えようとする」のではなく、「自分の態度、姿勢を変える」ことを選択することが大切になりますし

相手を「そうさせているのは自分」だと自覚することで、自分の現実に対して当事者意識を持って歩むことにも繋がり

当事者意識を持って歩むことを選択することで、自分は自分の人生を生きること、より生きたい現実を生きることにも繋がります。

今の現実は自分に合う現実だということを自覚して、自分に出来ることから変えていくことが、とても重要になりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.