1:現実を創造する

自分が変われば周りが変わる、自分を変えて生きたい現実を生きる方法

更新日:

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」もので、自分の周りにいる人に対して自分が思うことや、現実に起こる出来事に対して自分が思うことというのは

「自分自身の現実の見方」であり、「自分が信じているものの現れ」なので

自分自身の現実の見方が変わることや、自分が信じているものが変わることで、自分が生きる現実は変わることになります。

自分が見ている現実は「自分が見たい現実」であり、自分が信じているものは「自分が信じたいもの」だと気づくことで

その現実は「自分次第で変えることが出来る」ということや、自分が変われば周りが変わる、ということを理解し

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*今の現実は今の自分に合う現実

人は誰でも自分に合う現実を生きているもので、現実を変えることや生き方を変えることを考えるなら

自分というのは自分を構成するものによって出来ていると理解することや

今の自分の現実は今の自分に合う現実だと「受け入れる」ことは大切になるので、今の現実を受け入れ感謝すること

そして、そこからより自分が生きたい現実を生きることへと繋げることで、生きたい現実を生きながら、より自分に合う現実を歩むことへとに繋がります。

自分を変えることで周りを変え、自分自身が出来るだけ「自分が望む状態で在る」ことが出来ると、現実はそれに合うように変わっていくものなので

より生きたい現実を生きる為には、まずは自分自身が「望む状態で在る」ことが大切なポイントになりますね。

*現実の受け取り方を変える

現実に起こる出来事から何を受け取るのか、というのは人によって違うもので、価値観や考え方、感覚などによって

人はそれぞれ自分なりの解釈をしながら現実を受け取っているものですが

自分自身の現実の受け取り方を変えることによっても自分を変えることや、自分の生き方を変えることに繋げることが出来ます。

人に悪口や陰口を言われても気にならない人と気になる人がいるように、人に誉められると嬉しい人も嬉しくない人もいるもので

人はそれぞれ「自分が受け取りたいように現実を受け取っている」ものなので、自分がどんな現実の受け取り方をするのかによって

自分の生き方を変えることが出来ますよね。

現実に起こる出来事に「意味をつけているのは人」なので、自分が生きたい現実を生きる為には

自分が生きたい現実を生きる為の「現実の受け取り方をする」ことで、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

*自分が信じたいことを信じる

人は誰でも自分が信じたいことを信じているもので、自分が信じていることに沿った人生を歩んでいるものなので

自分は何を信じて生きていきたいのか?を自分の中で明確にしておくことや、何を信じることが生きたい現実を生きることへと繋がるのか?を考えておくことは大切なポイントになりますね。

例えば「人を信じて生きている人」は人が信じられる世界を生きることになりますし

「自分の可能性を信じて生きている人」は、自分の可能性を信じられる世界を生きることになるので

自分が「生きたい現実に合う信念」を持つことで、自分を変えて生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

*人にされたいことを人にする

普段から人にされたいことを人にしている人、自分がされて嬉しいことを相手にしている人は多いかと思いますが

人がされたいこと、というのは「人によって違う」ものなので

自分が人の為にすることというのは、自分の為のものだと理解しておくことは大切なポイントになります。

それでも、自分は自分がされたいことを人にすることで、自分が生きたい現実を生きることへと繋がるので

自分がされたいことを人にすることで、自分の周りには自分に合う人が集まることになりますし、合わない人は自然と離れていくことになるので

自分がされたいと思うことをしながら生きることで、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますね。

*人との繋がりを変える

自分の周りにいる人というのは今の自分に合う人なので、自分が変わると自分の周りの人間関係も変わるものではありますが

より生きたい現実を生きることへと繋がる人間関係、生きたい現実を生きている自分の人間関係を築いていくことで

自分を変えて生きたい現実を生きることへと繋がりますよね。

例えば、前向きに生きたい人は前向きな人と付き合うことや

幸せに生きたい人は幸せな人と付き合うこと

豊かに生きたい人は豊かな人と付き合うことなど

自分が「生きたい現実に合う人」と関わりを持ちながら生きることで、自分自身もより生きたい現実を生きることへと繋がります。

*物との繋がりを変える

自分が持っている物や着ている服などを変えることも自分を変えることに繋がりますし、普段着ている服を変えたり

自分の身の回りにあるものを、より生きたい現実に相応しいものにすること、自分が「生きたい現実に合うもの」を持つことで

自分を変えて、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

人は自分のセルフイメージに合うものを身につけていたり持っていたりするものなので、セルフイメージを変えることで自然と自分が身に着けるものや所有するものは変わることになりますが

「生きたい現実を明確にイメージする」ことで、生きたい現実に合う物と繋がりを持ち、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来るので

自分が「生きたい現実に合うものと繋がりをもつ」ということが、大切なポイントになりますね。

*場所との繋がりを変える

生まれた場所や育った場所、自分と関わりのある場所というのは自分と繋がりが濃い場所になりますが、そうした場所との繋がりを変えることでも

自分を変えて、より生きたい現実を生きることに繋がります。

自分自身のライフステージによっても「どこに住むのか」や「どこで働くのか」、「どこへ買い物に行くのか」や「どこへ旅行に行くのか」、「どんな場所が好きなのか」などは変わるかと思いますが

自分が住んでいる場所や働いている場所、よく行くお店などは自分を構成する要素の一つになるので、そうした場所との繋がりを変えることでも

より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますし、繋がりのある場所も自分が変われば自然と変わるものではありますが

より意図的に、生きたい現実に繋がる場所との繋がりを持ちながら生きることがポイントになります。

*周りの変化は自分の変化である

人は自分に合う現実を生きているもので、自分が変わることで自分の周りの人との関わりや自分の周りの現実は変わることになりますが

「周りの変化は自分の変化」だと捉えることで、周りの変化によって自分の変化を実感することにも繋がります。

自分が生きてきた中でも、人との繋がりが変わったり、場所との繋がりが変わったり、物との繋がりが変わったりした経験は誰にでもあるかと思いますが

より生きたい現実を生きることへと繋げる為には、自分自身が「生き方を決める」ことや「在りたい自分で在る」ことがポイントになるので

自分自身が変わることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分はどう在りたいのかを決める

「自分はどう在りたいのか」というのは自分の生き方に直結しますし、自分はどう在りたいのかを「決める」ことは、自分自身の軸を持って生きることにも繋がりますよね。

例えば「優しく在りたい人」や「幸せで在りたい人」、「楽しく在りたい人」や「健康で在りたい人」

「素直で在りたい人」や「オープンで在りたい人」など

自分が「どう在りたいのか」を決めることで、そう生きる現実に繋がりますし、自分の「在り方」に合う生き方が出来る選択肢を引き寄せることにも繋がるので

自分はどう在りたいのか?を決めることで

「在りたい自分で在ること」、そしてより生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*生きたい現実を生きること

自分を変えて生きたい現実を生きる為には、自分自身が今の現実で出来るだけ「やりたいことをする」ことや「在りたい自分で在る」こと、「感じたい感情を感じる」ことで

「生きたい現実をいま生きること」が、とても大切なポイントになります。

自分が変われば周りは変わるので、自分を変えることで周りを変えて、自分の周りに自分に合う人を集めることや

より生きたい現実を生きることへと繋がる行動をすることで、自分の世界を広めながら、生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.