1:現実を創造する

確証バイアスとは

更新日:

「確証バイアス」について知ることは、自分の視野を広げることや、自分の可能性を広げること、そして自分の見ている「現実を変える」ことにも繋がるので

今の現実を変えたい、理解できない人を理解したい、より自分が望む現実を生きたいと考える人にとっては、とても大切な知識になります。

確証バイアスというのは、簡単に言うと「自分が信じていることに確信を持つ為にそれを支持する情報ばかりを集める」こと、そして「それに反する情報を無視、又は集めようとしない」(Wikipedia参照)ということで

人は誰でも何かしらを信じて生きているので、確証バイアスは「誰でも持っているものである」と言えます。

ただ、それを「持っていると自覚しているかどうか」で、自分の現実に対して「自覚的に生きること」に繋がりますし

バイアス(偏見)を手放すことで、出来るだけ自分が「本当に生きたい人生」を生きることに繋がりますね。

・確証バイアスと常識

人は誰でも「信じているもの」があり、「自分が正しい」と思いながら生きているものだと思いますが

その「信じているもの」というのは多くの場合は「社会からの洗脳」や「常識」ですよね。

それは例えば「いい会社に就職すると将来が安定だから、その為に勉強していい大学に入る」とか、「起業するのにはリスクがある」とか、「仕事は出来る方がいい」とか「人は見た目が80%」だとか

自分が「信じているもの」がなければ、それに向けて行動を起こすことにも繋がらないので、「何かを信じる」ということは生きる上で大切なことではありますが

それが「自分の現実を創っている」と自覚することは大切になりますね。

「常識」というのは多くの人の「信じているもの」によって出来ているもので

その「常識を手放す」こと、「常識を俯瞰する」ことや「事実だけを見ること」で、確証バイアスを手放すこと

偏見に縛られない余裕を持つことにも繋がりますし

それは自分自身が「本当に生きたい現実を生きること」にも繋がりますね。

・確証バイアスによって創られる現実

確証バイアスによって、人は「自分が正しい」と思える情報を集めることでその道を歩んでいくことに繋がるのですが

それによって自分自身を「苦しめる」のであれば、そうした「苦行」を自ら選んでいると自覚することは重要になりますし

その生き方は自分次第で「変えられる」と気づくことは重要になりますね。

自分が「何を信じているのか」というのは「どんな現実を生きるのか」に直結するもので

人はそれぞれ「信じたいものを信じている」こと、そして「自分が生きたい現実を生きている」ことに気づくことや自覚することは

人がどんな人生を生きていたとしても、それは「相手が選んだ道」だと受け止めることにも繋がります。

・確証バイアスの具体例

確証バイアスというのは「自分が信じていることに確信を持つ為にそれを支持する情報ばかりを集める」こと

そして「それに反する情報を無視、又は集めようとしない」ことだとお伝えしましたが

具体的な例として考えてみると、「正社員として働くこと」が「正しい」「いいこと」だと「信じている人」にとっては

それを裏付ける為に「正社員で働く方が安定」「社会的な信用がある」「将来も安心」「履歴書に書ける」「ボーナスや退職金が貰える」「福利厚生がしっかりしている」などの情報に焦点を当てることが多く

それに反する意見、「正社員では働かない方がいい」といった意見には耳をかさないということになります。

反対に「正社員では働かない方がいい」と「信じている人」にとっては

それを裏付ける為に「終身雇用制度は崩壊する」「現状維持は後退」「自分で稼げる力を付ける方が重要」「AIの登場によって人は働かなくてもよくなる」「収入源を複数持つ方が安定」などの情報に焦点を当てることになり

それに反する「正社員として働いた方がいい」といった意見には耳を貸さない、ということになります。

そうしたバイアスによって世の中が成り立っていることもありますが、出来るだけ現実を俯瞰して見ることは「世の中の流れ」を見ることにも繋がりますし

自分が信じているものに「反する情報」にも目を向け、受け止めることで、より自分の視野を広げることにも繋がりますよね。

・現実はニュートラル

確証バイアスというのは「人が信じているもの」が「偏っている」場合に使われる言葉なので

現実に現れる事象に対して「表と裏」「光と闇」「良いところと悪いところ」「賛成と反対」の片面を、自分にとって都合の良いように解釈するようなもので

実際のところ「現実はニュートラル」で、そこに意味をつけているのは「人間」であり、確証バイアスによって自分が見ている現実から

「自分にとって都合のいい情報だけを集めている(記憶している・記憶から引き出される)」と言えます。

そしてそれが同じバイアスを持った集団を創ることになり、より強固な信念に変わると、それが「常識」になったりします。

常識が変わるように偏見も変わるということですね。

人は多くの人の繋がりによって生かされているもので、人の社会が出来上がっている現代では自分1人の力で生きているという人は居ないかと思いますし

偏見を手放し、世の中の流れを見ながら生きることは、自分の立ち位置を知ることや、自分が望む現実を生きる為には、重要になりますね。

◎確証バイアスとは:要約

*確証バイアスとは

確証バイアスというのは「自分が信じていることに確信を持つ為にそれを支持する情報ばかりを集める」こと

そして「それに反する情報を無視、又は集めようとしない」ことなので

自分が「信じているもの」とは「反対の意見」に対して目を向けることが、確証バイアスを手放し自分の視野を広げることにも繋がりますね。

*確証バイアスと常識

「常識」というのは多くの人の「信じているもの」「信じたいもの」によって出来ているもので、その「常識を手放す」こと、「常識を俯瞰する」ことや「事実だけを見ること」で

確証バイアスを手放すこと、偏見に縛られない余裕を持つことにも繋がり

それは自分自身が「本当に生きたい現実を生きること」に繋がります。

*確証バイアスによって創られる世界

人は誰でも「何かしらを信じている」もので、その人が「信じたもの」で「その人の世界」は出来ています。

つまり人が何を信じていたとしても、それはその人の世界では「正しいこと」であり、そうした「様々な人の信じていること」が交差しながら「現実が出来ている」ので

結局のところ「どちらも正しい」ということになりますね。

確証バイアスによって自分が生きたい現実を生きる為には「何を信じるのかを決める」ことが重要になりますし、あなたが信じたものによって、あなたの現実は創られていきます。

自分が「何を信じたいか」について考えることや、何を信じて生きると「決める」のか、それは自分で選ぶことが出来るものなので

何かを「信じる」こと、そしてそれに向けた「行動を取る」ことを、選択することで、「当事者意識を持って生きる」ことにも繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.