1:現実を創造する

コンフォートゾーンを広げる方法

更新日:

「コンフォートゾーン」というのは「自分が快適に暮らせる空間」「居心地の良い空間」「安心・安全だと思っている場所」

つまり「ここに居れば大丈夫だろう」と「自分が認識している範囲」で

「コンフォートゾーンを広げる」というのは、自分が普段生活している「居心地の良い空間」「安心・安全な空間」自体を「広げる」こと

大丈夫だと思える範囲を広げる」ことを意味します。

人が「安心・安全」だと感じることは「人によって違うもの」ですが

主に「知らない」「経験したことがない」ことなどの「未知の領域」に対して、人は「不安や緊張」を感じ、その先に進むことを躊躇い

今までの生活を維持しようと「コンフォートゾーンの中」に収まることを、無意識に選択することが多いかと思いますし

知らない道を通って家に帰るよりも、知っている道を通って家に帰る方が「安全だ」と感じることは、誰にでもありますよね。

例えば「初めて海外旅行に行く」人は、「持ち物に問題は無いか」「時間に余裕があるか」「空港まではどうやっていくのか」「日本語は通じるのか」など

そこには少なからず不安や心配、緊張が生まれるかと思いますが

何度も海外旅行に行っている人は、初めて海外旅行に行く人よりも、経験として知っていることが多いこともあり、不安や緊張は少ないですよね。

他にも、仕事を始めたばかりだと「分からないことばかり」なので、不安や緊張は付き物ですが

慣れてくるとそうした「不安だった時期」は過ぎていくもので、慣れた手付きで仕事をすることが出来ますよね。

人は基本的には「コンフォートゾーンの中」で生活することを好みますが

出来るだけ多くの人が視野を広げ、自分自身のコンフォートゾーンを広げる選択をすることは、とても大切なことだと感じますし

その為にも、まずは自分の「コンフォートゾーンを知る」ことで、それを広げることにも繋がりますね。

・コンフォートゾーン(快適空間)を知る

自分自身の「コンフォートゾーンを知る」ことは、自分の「行動範囲」を知ることで

人が「安心・安全」だと感じるのは「自分が大丈夫だと思える範囲」であり、それはセルフイメージ、自分が自分に対して思っていること、「自信」も関係してきます。

自分に自信が有る人というのは「行動出来る範囲」が広いので、自分が「行動出来る範囲」を知ることで「自分のコンフォートゾーンを知る」ことも出来ます。

普段の生活で「自分が行ける場所」や「関わる人」は基本的に「コンフォートゾーンの中」に有るので

自分の「行動の範囲」や「関わる人の範囲」を具体的に書き出してみることで「コンフォートゾーン」を知ることに繋がりますよね。

自分が話しやすい人、話しかけにくい人、行きやすい場所、行きにくい場所、出来ること、出来ないことなどが具体的に見えてくると

コンフォートゾーンを「見える化」することが出来ますね。

・自分自身を知る

自分自身を知ることが「コンフォートゾーンを知る」ことに繋がり

更には「コンフォートゾーンを広げる」ことに繋がっていくので、自分自身を知ることについても考えてみましょう。

コンフォートゾーンというのは「居心地の良い空間」だと考えると、コンフォートゾーンを広げる為には、その「居心地の良い空間」から一歩外へと踏み出す必要がありますよね。

誰にでも知らないこと、初めての経験には不安や恐れはあるかと思いますし、そこから一歩踏み出すことにはエネルギーを使うかと思いますが

身近にコンフォートゾーンが広い人がいるのであれば、そうした人と行動を共にすることで、行動出来る範囲も広がりますよね。

自分自身を知ることは「自分が現実をどう解釈しているのか」について知ること、自分が「何を信じているのか」を知ることです。

「自分は出来る」「自分は大丈夫」だと信じられる人が自信満々に行動していくのは「セルフイメージ」によって「自分は出来ると思えるもの」に「目を向けている」ので

自然と堂々とした立ち振る舞いになり、「大丈夫な結果」を引き寄せていたり

「失敗」したり「間違った」ことがあったとしても、必要以上に自分を責めたり落ち込んだりする事なく、気持ちを切り替えて前に進む事が出来ますが

自分に自信が無かったり、自分を責めてしまいがちな人は、行動することに対して恐れを感じたり、億劫になったりしますよね。

自分は現実に対して「どういった意味付けをしているのか」や「起こった事実をどう解釈しているのか」が「自分自身を知る」こと

自分の「現実の見方を知る」ことに繋がるので

現実を見るときには「事実」と「解釈」を分けて見てみることで、自分自身を知ること、そしてそこから「新しい解釈」をすることで、自分を変えることにも繋がります。

自分が「起こった出来事に対して、どのような解釈をしているのか」を紙に書き出してみて、自分の「思い込み」「解釈」を目に見えるものにしてみると

自分がどのような「思い込み」を持って生きているかも分かります。

例えば今日あった出来事や、それによって感じたことを紙に書き出してみて

書き出した中にある「出来事に対して自分が感じたこと」は、それを「自分が思い込んでいる」ことであり、自分がそう「解釈したこと」だと気づくことで

その思い込みを手放すことが出来ますよね。

人は誰でも「自分だけの世界」「自分から見た世界」を持っていますが

人がどう生きるのか、現実をどう解釈するのかはその人が選ぶことであり、「自分がどう生きるかは自分で選ぶ事が出来るもの」なので

視野を広げて、より自分が生きたい現実を生きるために、出来ることから始めることが大切になりますね。

・経験値を積む

今の自分自身のコンフォートゾーンは、知識を得たり、経験を積むことでその範囲は広がって行くものですが

より早く、簡単に広げる事を考えるのであれば「コンフォートゾーンが広い人」と一緒に行動することが効果的です。

コンフォートゾーンが自分よりも広い人というのは、それだけ色々な知識や経験を持っているので、そうした人と一緒に行動することで

自分自身の解釈を変えることにも繋がり、自分のコンフォートゾーンを広げることにも繋がりますよね。

人は慣れない事や、意識しないと出来ないことにはエネルギーを使いますが、慣れていくと気を使わず、そこまで意識しなくても出来るようになるものなので

「行動すること」がデフォルトになると、コンフォートゾーンは大幅に広がるので

「行動している人」と一緒に居ることで自分もその波に乗ること、その感覚を掴むことが出来るようになり

前の自分よりも「行動する範囲を広げる」こと、「コンフォートゾーンを広げる事」に繋がりますよね。

人によって「普通」の基準が違うように、人によって「行動に対する抵抗」の大きさも違うものなので

人と比べるのではなく「昔の自分」と比べることで、自分自身の成長、視野の広がりも感じやすいですよね。

新しい経験を積めば積むほどに、知識や経験値が蓄えられ、それは自分に自信を持つことにも繋がりますし、自分の世界を広げる事にも繋がります。

コンフォートゾーンを広げることを考える人は、自分の世界を広げることを考えているということなので

まずは出来ることから「行動する」ことや、「視野を広げて現実を見る」ことで、確実に「何かを得る」ことが出来るので

「行動すること」や「視野を広げること」に意識を向けて、出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。

◎コンフォートゾーンを広げる方法:要約

*コンフォートゾーン(快適空間)を知る

自分自身のコンフォートゾーンを知ることは、自分の行動範囲や「出来ると信じていること」に気づくことにも繋がりますし

自分自身のコンフォートゾーンを知ることで、抵抗が少ないところから、少しずつその範囲を広げていくことにも繋がりますよね。

*自分自身を知る

自分自身を知ること、自分の考え方や価値観を知ることで、コンフォートゾーンを広げやすいように「現実に対する解釈を変える」ことにも繋がります。

コンフォートゾーンを広げることを考えるなら、「今の自分」を知り、知識を増やしたり、経験を積むことも大切になりますね。

*経験値を積む

知識を増やしたり、経験を積むこと、自分自身の経験値を上げることで、自分が行動出来る範囲というのは広がりますし

経験を積み重ねることで、コンフォートゾーンが広がったと「実感」することにも繋がりますね。

人は誰でも「過去の自分」と比べると、知っていることや行動出来る範囲というのは基本的には広がっていくものですが

毎日少しずつ「コンフォートゾーンを広げる」ことで、それほど抵抗を感じずに自分のコンフォートゾーンを広げることが出来るので

知識や経験をアップデートしていくことを意識しながら、毎日を過ごすことが大切になりますね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.