1:現実を創造する

コンフォートゾーンを広げながら生きる為に出来ることや考えたいこと

更新日:

コンフォートゾーンとは、自分自身が「快適に過ごせる範囲」のことを言いますが、コンフォートゾーンの広さというのは人によって違うものなので

例えば、自分の家や近所にある馴染みのお店、昔からの知り合いが働いている場所やよく知っている場所などは「安心して過ごす」ことが出来るように

人は出来るだけ自分が安心出来る範囲で暮らすことを無意識に選択しているものですが

自分のコンフォートゾーンが広がることは、自分が安心して暮らせる世界が広がることにもなるので

コンフォートゾーンを広げながら生きる為に出来ることをすることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分のコンフォートゾーンを知る

コンフォートゾーンを広げることを考えるなら、まずは自分のコンフォートゾーンを知ることで

コンフォートゾーンが広がっていくことに対する「実感」も持ちやすいですよね。

コンフォートゾーンというのは自分が「快適に過ごすことが出来る範囲」で、それは例えば「場所」だったり「行動」だったり「人付き合い」だったり、色々な要素がありますが

自分が「安心出来る場所の範囲」「安心出来る行動の範囲」「安心出来る人付き合いの範囲」が自分のコンフォートゾーンであり

その広さや種類というのは人によって違うものになります。

例えば「昔からの知り合いの集まり」は大丈夫でも「知らない人が沢山居る集まり」は誰でも少し気を使ったり、人見知りしたりするかと思いますし

「高級品を扱うお店」や「高級なホテル」に入りにくいと感じた経験がある人は多いかと思いますが

そうした自分が「緊張」したり「気を遣う」ところはコンフォートゾーンの外側だと考えると分かりやすいですね。

そうしたコンフォートゾーンの外側だと感じる場所でも、自分が「慣れる」ことや、そこに「合う人になる」ことで安心出来る場所になると

それはコンフォートゾーンが広がった、ということになりますし

誰にでも「知らない場所が馴染みの場所になる」経験はあるかと思うので

そうした出来事を思い返してみると、私たちは日々コンフォートゾーンを広げながら生きている、ということも実感出来るのではないでしょうか。

*知り合いを増やす

コンフォートゾーンを広げる為には「知り合いを増やす」こと、自分が気兼ねなく話せる人を増やすことでもコンフォートゾーンを広げることが出来ます。

人は自分が知っている人に対しては安心感を抱きますし、知り合いが増えることで色々な場所に知り合いが増えると

その分自分が安心して暮らせる範囲も広がるので

気兼ねなく話せる人を増やすことや、自分自身が話しやすい人であること、安心出来る人であることで

コンフォートゾーンを広げながら生きることに繋げてみて下さいね。

知り合いを増やすだけでコンフォートゾーンが広がる訳ではないので

新しく知り合った人と人間関係を築く時には、お互いに安心出来る関係を築くことが大切になりますね。

*行動して慣れる

人は慣れた環境や慣れた人と一緒にいると安心して過ごすことが出来るので

例えば新しい職場などでもその「場に慣れる」ことや「仕事に慣れる」ことでコンフォートゾーンが広がっていきますし

色々な経験することや、行動することで慣れてしまえば緊張することも無くなりますよね。

慣れるということは「肩の力が程よく抜けている」状態で、緊張している時よりもリラックスしている時の方が本来の力を発揮できるように

自分自身が「行動して慣れる」こと、色々な経験値を積むことで「安心して行動することが出来る」ようになると

コンフォートゾーンが広がったと実感することにも繋がりますね。

*コンフォートゾーンが広い人と関わる

コンフォートゾーンの広さは人によって違うものなので、元々コンフォートゾーンが自分よりも広い人と関わることで

自分自身のコンフォートゾーンを広げることにも繋がります。

例えば行動することが苦手な人は、行動することが日常的な人、行動出来る人と関わることで、自分自身も行動出来るようになったり

その人から考え方や現実の見方を学ぶことで、自分自身も安心して行動することが出来るようにもなりますよね。

例えば、行ったことがない場所に行くなら、行ったことがある人と一緒に行ったり

人と話すのが苦手なら、人と話すのが得意な人と一緒に過ごしてみたり

そうした「抵抗がない人」「壁がない人」と関わることで、自分自身の「壁をなくす」こと、コンフォートゾーンを広げることにも繋がりますよね。

*人を信じる

人を信じることがコンフォートゾーンを広げることに繋がるのは、コンフォートゾーンは自分が「安心して暮らせる範囲」で、自分が「快適に過ごせる場所」なので

人を信じられる自分であることは、相手に安心感を与えることにも繋がるので

自分自身が人を信じて生きることも、大切なポイントになりますね。

自分が「快適に過ごせる場所」は自分が「大丈夫だと信じられる場所」でもあるので

自分自身が人を信じることでコンフォートゾーンを広く保つことや、自分の行動出来る範囲も広がることに繋がります。

「快適に過ごせる範囲」というのは自分一人で作れるものではありませんし、一人一人が人を信じることや

多くの人が安心して暮らせる社会であることも大切にはなりますが

自分は自分に出来ることをすること、人を信じて生きることや、安心してもらえる人で在ることで、自分自身も周りの人も快適に過ごすことに繋がりますね。

*安心感を与えられる人になる

コンフォートゾーンを広げる為には、自分自身が安心感を与えられる人になることもポイントになりますよね。

人は知らない人や初めての経験、未知の領域に対して「不安」や「恐れ」を感じることがありますが

そうしたことも自分自身が「知識を増やす」ことや「経験値を積む」ことによって解消されていきますし

自分自身がコンフォートゾーンを広げる為に知識を増やしたり経験値を積むことは、周りの人に安心感を与えることにも繋がります。

仕事で考えてみると分かりやすいですが、初めは知らないことも多く勝手も分からない状態から

経験値を積んで徐々に慣れていくと、周りも見えるようになり落ち着いて仕事をすることが出来るようになり、人を手伝う余裕も生まれますよね。

そうしてコンフォートゾーンを広げながら生きることで、仕事でもプライベートでも「安心感を与えられる人になる」ことに繋がりますし

それは自分の人生をより生きやすくすることにも繋がるので

色々な人と関わることや、自分自身の知識や経験を増やすことで、コンフォートゾーンを広げながら、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.