1:現実を創造する

行動できる人の特徴や、行動できる自分で在る為に大切な考え方を知る

更新日:

人の人生というのは行動の積み重ねであり、自分の人生は自分が「何を行動したか」で出来ているものですが

行動できる人とできない人とでは価値観や考え方、現実の受け取り方が違うので

行動できる人の特徴を知り、生きたい人生を生きる事に繋がる行動ができるようになることで

より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

行動できない人や、すぐに行動できない時というのは「現状維持」を選択してしまいがちですが

より生きたい現実があるのであれば、その為に必要な行動を取る事ができる自分で在る事を選択してみてはいかがでしょうか。

*「行動出来る」状態を知る

行動できる、ということについて考えてみると

「行動出来る人」と「行動出来ない人」という風に簡単に分けられるものではなく

人は誰でも自分が得意な事に関しては行動に移すことが出来るかと思いますが

そうで無い事に関しては行動出来ない状態になってしまうものですよね。

自分が「行動出来ないこと」というのは、自分がこれまでに経験したことが無い事に対する不安や恐れがあり

そうした不安や恐れを回避する為に、自分が「行動できる範囲」で行動することを選択すると、そこまでの行動範囲で暮らすことになりますよね。

それでも行動できる範囲では「行動できる」事に変わりはないのですが

今の自分が「行動できないこと」を「行動できるようにする」為には、それが「できて当たり前」の状態になることがポイントになるので

例えば自転車に乗る為には、最初はバランスを取る為に補助輪を付けたり、自転車に乗る為の練習をする必要があるように

乗れるようになってしまえば何を考えることもなく、ただ「自転車に乗る」ことが出来るようになりますよね。

これと同じような感覚で、自分が「行動できないこと」を「行動できて当たり前」の状態に持っていくことが

自分自身が行動できる自分で在る為に大切な考え方になります。

そしてその為には、自分が「行動できないこと」や「行動するのに抵抗があること」に対して

恐れや不安を抱かずに、行動できる自分になることで、より行動範囲を広げることが出来るようになるので

自分に出来ることから1つずつ経験を積み重ねたり、それを当たり前に行動できる人と一緒に行動することで

より行動できる自分で在る事を選択することが出来るようにもなりますね。

*行動できる人は自分に自信がある

行動できない人と行動できる人の違いとして大きいのは「自分に自信があるかどうか」で

行動できる人は「自分に自信がある人」だと言えますし

行動できない人は「自分に自信がない人」だと言えますよね。

自分に自信がない人や、自分に自信がない時には、周りの人の意見や顔色を伺うことで「行動しないこと」を選択することになったり

「周りに合わせる」ことを優先して、自分が本当にやりたい事を後回しにしてしまうこともあるかと思いますが

自分の周りにいる人というのは「自分に合う人」なので、自分自身が自信を持つことで「行動できる人」になることは可能ですし

自分自身が「行動できる人」であれば、自分の周りには自然と「行動できる人」や「自分に自信がある人」が集まることになります。

行動できるようになりたいと思うなら、行動できる人と付き合うようにしたり、行動できるように価値観や考え方を変えていくことがポイントになりますね。

自分に自信を持つ為には、今の自分自身を受け入れる事や、行動を積み重ねて「慣れる」こと

知識を増やして「不安を減らす」ことなどをしていくことで、行動する事に対するハードルは下がることに繋がります。

誰でも初めてのことに対しては不安を感じたりするものだと思いますが、自分自身の経験を積み重ねることで自信を持つことにも繋がりますし

自信がある状態で生きられるように、自分自身のコンディションを整えることも大切になりますね。

*行動できる人の現実の見方

行動できる人と行動できない人とでは「見ているものが違う」ことや、「現実の見方が違う」ということもあります。

人は自分が望むものを無意識に見ているものなので

行動できる人は「できる理由」に目を向け、行動できない人は「できない理由」に目を向けるので

その時点で自分が「どちらに向いているのか」「行動したいのか行動したくないのか」が分かるものですが

行動できる自分で在る為には「できる理由」に目を向けることや、「できる理由を増やす」ことが大切になります。

自分に自信がある人や、自分が自信の在る分野に対しては何も考えなくても出来ることが

自分に自信がない人や自分が自信の無い分野に対しては大きな壁に見えていたりもするので

行動できる人は「それを壁だとは思っていない」と知ることで、自分自身の壁を壊すことにも繋がりますね。

行動できない人は自分で自分の周りに壁を作っていることが多いので、自分の中にある「恐れ」や「不安」を手放すことや

自分が知らない分野に関する知識を増やすことで、行動に対するハードルを下げることにも繋がります。

*行動できる人は人を信じている

行動できる人は人を信じているので安心して行動が出来る、ということを知るのも大きなポイントです。

人を信じるということはとても大切で、行動できる人が安心して行動できるのも、人を信じている人が多い世界に生きているからだとも言えますよね。

何をしても人から疑われたり批判されたりする世界では、誰も何もしないことを選択せざるを得ないですし

出来るだけ行動出来る人が多い世界で生きる為には

自分自身も出来るだけ人を信じることや、自分自身の人生に責任を持って生きることが大切になります。

今の自分の周りの環境というのは、これまでの自分が選んできた結果なので

より自分が生きたい環境があるのなら、そうした環境に移ることもポイントになりますね。

人を信じる為には、自分を信じることも大切になりますし

自分が本当に人の為になることをしていると思えるなら、自分を信じること、そして人を信じることも出来ますよね。

*行動出来る人は行動出来る人と関わる

行動出来る人の周りには同じように行動出来る人が集まるものなので

自分自身がもっと行動出来るようになりたいと思うのであれば

行動範囲が広い人、自分の世界が広い人、コンフォートゾーンが広い人と関わりを持つことで、自分自身も行動出来る範囲が広がることに繋がります。

人は誰でも何も知らない状態で生まれ、色々な経験を通して自分自身が「できること」や「自分に合うこと」を知っていくものですが

人は自分の価値観や考え方に合った現実を生きているものなので

自分が生きたい現実を生きる為には、それに必要な行動を取ることや

その行動を取る為に必要な「考え方を知る」ことが、とても大切になりますね。

自分自身が行動できる自分で在ることで、自分の周りにも行動できる人を集めることに繋がりますし

それはより自分の世界を広げることや、自分のコンフォートゾーンを広げることにも繋がります。

自分の周りにいる「行動できる人」は現実をどう受け止めているのか

何を考えながら生きているのか、どんな目的を持って行動しているのかなど

色々な人の価値観や考え方、現実の見方を知ることで、より自分が生きたい現実に繋がる行動を取る選択をしてみてはいかがでしょうか。

*行動できるのが当たり前

行動できる人は「行動できるのが当たり前」だと思いながら生きているもので、そこに恐れや不安を抱いていないというのもポイントです。

自分自身が恐れや不安を抱かないことは、周りの人に恐れや不安を与えないことにも繋がるので

自分自身が出来るだけ自信がある状態で生きていくことも大切になりますね。

行動できる人は、自分ができない事や自分が知らないことは沢山ある事を知っていますし

できない自分、知らない自分を受け入れ、それを出来ないまま、知らないままに生きるのではなく

自分が出来ない事や知らない事をできるようにしたり、知識を増やしたりする事でより行動できる範囲を広げる事を選択するので

より生きたい現実を生きる事を選択することが出来ます。

*自分の中の不安や恐れを手放すこと

人は誰でも「行動できる範囲」と「行動できない範囲」があり、それによって自分の世界を作っているものですが

自分の中にある不安や恐れを手放すことで、自分自身が行動できる範囲、コンフォートゾーンというのは広がっていきます。

自分が生きたい現実を生きる為に必要だと思う行動があったとして、それを行動に移すことに不安や恐れを感じたりするのであれば

そこにある「恐れ」や「不安」を出来るだけ手放す為に出来ることをしたり

「どうすれば行動に移すことが出来るか?」に目を向けることが大切になります。

特に「失敗すること」や「間違えること」を恐れて「何もしない」ことを選択することは、行動する人にとっては「間違い」であり「失敗」だと知ること

誰にでも失敗することや間違えることはあるものなので

そうした経験から「気づき」や「学び」を得て、より「行動の精度を上げる」ことが、より生きたい現実を生きる為にはとても重要になりますね。

「行動できる人」を見ていると、恐れや不安がないように見えることもありますが

恐れや不安がない人は居ませんし、それを見せないようにしていたり、行動していないと恐れや不安を感じるという人もいるので

みんな恐れや不安と付き合いながら、それでも自分に出来ることをしているのだと知ることで

自分自身も、自分が出来ることを行動に移そうと思えるのではないでしょうか。

*小さな一歩を積み重ねること

「小さな一歩を積み重ねる」ということは、行動できる人の大きな特徴でもあります。

周りにいる「行動力のある人」を見ていると、1つ1つの小さな行動を大切にしていることが見て取れますし

最初から大きなことを成し遂げている訳ではなく、小さなことを地道に積み重ね、それが大きな花を咲かせることに繋がっているので

「継続すること」や「地道な作業」によって、自分に自信を付けていくことで、より自分が生きたい現実を生きることに繋がります。

「続ける」ことが出来るというのはとても重要なことで

それが「習慣」や「当たり前」になることで自分の生き方というのは大きく変わることになりますし

「当たり前に行動できる」ようになる為には、それが「出来て当たり前」の状態になるまで「続ける」ことが大切になるので

より生きたい現実を生きることや、叶えたい目標を叶える為に

今の自分に出来ることから、1つずつ行動に移してみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.