1:現実を創造する

セルフイメージを書き変えて生きたい現実を生きる方法

更新日:

人は誰でも自分が自分に対して持っているイメージ、つまりセルフイメージに合った現実を生きているものなので

自分自身のセルフイメージを変えることは、自分がより生きたい現実を生きることへと繋がるものですよね。

自分がどんな人生を歩むのか、というのはその人が持っているセルフイメージによって左右されるものなので

例えば「自分は幸せだ」と感じながら生きている人は「幸せな人生を生きる」ことになり

「自分は不幸だ」と感じながら生きている人は「不幸な人生を生きる」ことになるように

自分自身が生きたい現実を生きる為には、生きたい現実を生きている自分で「在る」ことが大切なポイントになるので

自分は「生きたい現実を生きている」と気づくことや実感すること

そして「より生きたい現実を生きている自分」である為にセルフイメージを変えることで

より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますよね。

*生きたい現実を明確にする

セルフイメージを書き変えて生きたい現実を生きる為には、まずは自分が生きたい現実を明確にすることがポイントになりますし

自分はどんな人生を行きたいのか?どんな現実を生きている人で在りたいのか?を明確にすることは、自分の望みを顕在化させることに繋がり

それはより生きたい現実を生きている自分へと繋げることが出来ますよね。

生きたい現実が明確になれば、あとはそれに向けて行動するだけなので

例えば自分は「どんな自分として生きていきたいのか」や「どんな人と関わりながら生きていきたいのか」

「どんな仕事がしたいのか」や「どんなライフスタイルを送りたいのか」などを紙に書き出してみることで

自分自身が生きたい現実が明確になりますし、そのためには何をすればいいのかも見えてくるので

生きたい現実を生きている自分像を明確にすることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*価値観、考え方を変える

セルフイメージを変えることで生きたい現実を生きる為には

自分が生きたい現実を生きている人と同じような価値観、考え方をすることも大切なポイントになります。

例えば「幸せに生きたい」と思う人は「幸せに生きている人の価値観や考え方を受け入れる」ことや「幸せを感じながら生きる」こと

「豊かに生きたい」と思う人は「豊かに生きている人の価値観や考え方を受け入れる」ことや「豊かさを感じながら生きる」こと

「愛されて生きたい」と思う人は「愛されて生きている人の価値観や考え方を受け入れる」ことや「愛されていると感じながら生きる」ことで

より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

人は誰でも自分に合う人と人間関係を築いているもので、自分の周りにいる人というのは自分と価値観や考え方が近い人になりますが

より生きたい現実を生きる為には、自分が生きたい現実を一緒に生きることが出来る人と付き合うことや

生きたい現実を生きている人が持っている価値観や考え方に沿って生きることで、自分自身のセルフイメージも変わりますよね。

*付き合う人を変える

付き合う人を変えることも自分自身のセルフイメージを変えることに繋がりますし、セルフイメージが変わるから付き合う人が変わる、とも言えますが

類は友を呼ぶ、という言葉があるように、自分の周りには自分に合う人が集まるものなので、自分自身を変えることで自分の周りに集まる人が変われば

それはより生きたい現実を生きることへと繋がりますよね。

例えば「前向きに生きたい」と思う人は「前向きに生きている人と付き合う」こと

「安心して生きたい」と思う人は「安心して生きている人と付き合う」こと

「好きなことをして生きていきたい」と思う人は「好きなことをして生きている人と付き合う」ことで

生きたい現実を生きている人から影響を受け、自分自身のセルフイメージもそれに合うように変わることに繋がりますし

人は人と関わることで自分自身の考え方が変わったり、生き方が変わったりするものなので、出来るだけ自分が本当に生きたい現実を生きること

そして同じように生きたい現実を生きている人と関わりながら生きることも大切なポイントになりますね。

*身につけるものを変える

普段、自分が身につけているもの、例えば着ている服や付けているアクセサリー、履いている靴や持っているバッグなどは、自分のセルフイメージに合ったものになるので

自分が身につけているものを変えることでセルフイメージを変え、より生きたい現実を生きることへと繋げることも出来ます。

世の中には高価なブランド品を身に着ける人もいれば、動きやすいカジュアルウェアを身に着ける人もいるものですが

自分自身が「どんな生き方をしたいのか」によって、身に着けるものを変えること

例えば「無難に生きたい人」は無地の服や出来るだけ目立たない服装をすることで無難に生きることへと繋がりますし

「上品に生きたい人」は高価なブランド品や繊細なアクセサリーを身につけたり、清楚な服装をすることで上品に生きることに繋がりますし

「自然に生きたい人」は自然な素材を使用した服やアクセサリーを身につけることで自然に生きることに繋がるように

自分自身が生きたい現実に合うものを身に着けることが、生きたい現実を生きる為のポイントになります。

つまり、生きたい現実を生きている自分をイメージし、生きたい現実を生きている自分が身につけているものを身に着け

それに相応しい自分として生きることで、より生きたい現実を生きることへと繋がることになりますね。

*習慣を変える

人は習慣の生き物だと言われることも多いように、自分自身の習慣を変えることは自分のセルフイメージを変えることにも繋がります。

例えば、自分が普段から使っている日用品や、普段から食べている食品、普段からよく通っているお店などは自分自身の生活に馴染んでいるかと思いますが

そうした習慣化した決まり事のようなものを変えること、普段行くお店を変えることや、普段使っている日用品を変えること、普段食べるものを変えることなどは

自分自身のセルフイメージを変えることにも繋がりますよね。

自分の生活に馴染んでいるものは自分のセルフイメージに合うものなので、自分自身が変われば自然とそれも変わることにはなりますが

生きたい現実を生きている自分が持っている習慣をイメージすることで、それに合うように習慣を変えることや

新しい習慣を取り入れることによって、セルフイメージを変えて生きたい現実を生きることへと繋がります。

*自分の変化は周りの変化

セルフイメージを変えることは自分が生きる現実を変えることにも繋がりますし、自分が生きている世界の変化は自分自身の変化だと捉えることも出来ます。

人は誰でも生きている中で一緒に過ごす人が変わったり、周りにいる人が変わったりすることが在るかと思いますが

例えば、自分自身が変わることで一緒に過ごす人が変わったり、周りにいる人の自分に対する態度が変わったり

自分が生きる環境が変わったりするのは、自分自身のセルフイメージが変わった証拠なので

自分が見ている現実、自分の周りの変化を見ることによっても、自分のセルフイメージの変化を実感することが出来るので

セルフイメージを変えて生きたい現実を生きる為には、出来るだけ生きたい現実を生きている自分であることや

生きたい現実を生きている自分として行動することがポイントになりますね。

*生きたい現実をいま生きること

セルフイメージを変えて生きたい現実を生きる為には、まずは今の現実は自分が創ったものであり

自分は「生きたい現実を生きている」のだと気づくことや受け入れることがポイントになります。

自分が生きている現実には「自分に合ったものが現れる」ことになるので、自分自身が「生きたい現実を生きている状態」や「感じたい感情を感じること」が

より生きたい現実を生きることへと繋がったり、感じたい感情に合う出来事が引き寄せられることになるので

出来るだけ自分自身が「望む状態で在ること」が、セルフイメージを変えて生きたい現実を生きることへと繋がっていきますね。

普段から生きたい現実を生きることや、本当に感じたい感情を感じることを続けていれば

より生きたい現実を生きることへと繋がる可能性や選択肢にも目が向くことになるので

自分自身が今「生きたい現実を生きている」ことに気づき、感謝の気持ちを持ちながら

より生きたい現実を生きる為に「出来ることから行動する」ことで、セルフイメージを書き換えながら、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.