1:現実を創造する

視野を広げる方法

更新日:

「視野を広げる」こと、視野を広く保つことは物事を全体的に見ることに繋がり、自分が今まで見えていなかったものや、目を向けていなかったものに目を向けることにもなるので

視野を広げることによって、より広い範囲で物事を考えられるようになりますし、見えていなかったものが見えるようになると、仕事でもプライベートでも自分の現実をより生きやすくすることに繋がりますよね。

視野を広げるということは、「自分の世界を広げること」や「知らない事を知る事」「理解出来なかった事を理解出来るようになる」ことにも繋がるので

「視野を広げる」為には、「自分に見えていないものがある」と知ることや、「自分の知らないことは多い」と「自覚」することは大切になりますね。

自分は「何も知らないということを知っている」人は、それだけ知識や経験を吸収しやすいですし

「知らないことを知っている」ことは、自分が知らないものに興味や関心を持つこと、そしてそれが視野を広げることにも繋がるので

自分の世界を広げ、視野を広げ、より生きたい現実を生きる選択と行動を取ることで、自分の現実をより望む方向へと向かわせてみて下さいね。

*「視野」とは「自分が見ている世界」である

視野を広げることを考えた時に大切になるのは、「視野」というのは「自分が見ている世界」「自分が見えている範囲」のことであり

自分が「どれだけ周りの事が見えているのか」が「視野の広さ」であり、視野を広げる事を考える時には「視座」についても考えるとより理解が深まりますね。

「視座」というのは「自分の立ち位置」であり、出来るだけ現実を「俯瞰する」こと、例えば東京タワーに登って街を見下ろすように、高いところから見ることで全体を見渡すことが出来るイメージで

視野を広げることを考えるなら、視座を高めることについても意識しておくと、その違いもより理解しやすいですね。

人は自分の中にないものは見えないものなので、視野が広い人というのは色々な立場の人の視点を持っていたり、自分の見ている世界が広い人だと捉えることが出来るので

視野を広げる為には自分の世界を広げること、知識を増やしたり、色々な人の現実の見方を知ることがポイントになりますね。

*自分の世界を知る

視野を広げる為には「今の自分の世界を知る」こと、自分の「コンフォートゾーンを知る」ことから始まります。

人は知らない場所や知らない人など、「未知」の領域に対して「不安」を感じるもので、それは「コンフォートゾーンの外にある」ものだと認識すると分かりやすいですね。

例えば、新しい職場で仕事を始めた時には、空気感、一緒に働く人、仕事内容、仕事の流れなど「何も知らない状態」であり

少なからず不安や緊張が有るもので、それは「コンフォートゾーンの外」だと言えますね。

ですが仕事を続けていくことで、仕事内容や一緒に働く人に「慣れる」ことや、仕事の全体の「流れが見える」ようになれば

「安心して仕事が出来る」、つまり職場も「コンフォートゾーンの中」になる、ということです。

自分の世界を知り、自分の世界を広げるということは、一歩ずつ行動して視野を広げ、自分に自信を持つことで、より広い世界を見ることが出来る、より広い世界で生きることが出来るということなので

その為にもまずは「自分の世界を知る」こと、そして「世界を広げていく」ことが大切になりますね。

自分の世界は「自分が動いた分だけ広がる」もので、情報で溢れるこの時代では「知っているつもり」になりやすいものですが

出来るだけ「自分で実際に見たり聞いたり触れたり、感じたり味わったりする」こと、「自分自身の経験として得る」ことに重点を置いて生きることで

それを「自分自身の経験値」として、実体験として共感できることにも繋がりますね。

*興味を持つ

視野を広げる為には今まで興味が無かったことに「興味を持つ」ことも大切になります。

「視野を広げる」ということは、自分がこれまで「見ていなかったもの見る」ということでもあるので、自分が興味の無いものにこそ「見えていないもの」があったり

興味の無いものでも「見てみる」ことで新しい発見や「気づき」を得ることもありますよね。

人は誰でも「自分に合ったものを現実に引き寄せる」ことになるので、「自分が変わる」ことは「自分が引き寄せるものを変える」ことに繋がりますし、それは「視野を広げる」ことにも繋がります。

視野を広げる為には、視野を広げて何がしたいのか、視野を広げることで何を得たいのかといった「目的意識を持つ」ということも大切になりますね。

「何の為に視野を広げるのか」を意識して、例えば「仕事に生かしたい」と考えるのであれば「ビジネス」の分野に意識を向け、色々な情報を集めたり、人と話したり、実際に色々な会社を見て回ってみたり

自分よりも周りが見えていると思う人は「何を見ているのか」や「何を考えているのか」を聞くなどの「行動をする」必要もありますよね。

色々な世界に興味を持つことで、より広い視野を得ながら進むことにも繋がるので、自分が少し興味があるものから色々と知識を増やしたり、行動することで自分の世界は広がりますね。

*理解出来ない人を理解する

「理解出来ない人を理解する」ことは「視野を広げる」為にはとても大切なことですよね。

理解出来ない人を理解する、というよりも「様々な価値観を知る」と言った方がいいのかもしれませんが

「人が正しいと思うこと」というのは「人によって違う」ものだという事を理解していれば、無用な衝突を避ける事や、「お互いにとって良い関係」を築くことにも繋がります。

7つの習慣という自己啓発本でも言われている「理解してから理解される」という概念は「視野を広げる」為にはとても有効で

特に自分が「理解できないと思う人を理解する」ことは「新しい視野を獲得する」こと、つまり「視野を広げる」ことに繋がります。

私自身も過去に「自分ばかりが頑張っている」とか「あの人は何をそんなに怒っているんだろう」とか、「何もしていないのに嫌われている気がする」など、「理解出来ない」と思う人が居たり、そうした出来事がありましたが

それは「自分自身が引き寄せたもの」であり「自分の立場がそうさせた」のだと「実感する出来事」があってから、そうした立場にいる人を理解することが出来ました。

そして、人がお互いにとっていい関係を築く時に大切なのは「自分が正しいと主張しない」こと

人の世界は「その人にとっての正しさ」で出来ているもので、そうして全てが繋がっているなら「自分も相手も正しい」ことになりますよね。

ただ、「理解出来なかった人を理解する」ことが出来たとして、そこから自分が「どう生きるのか」は「選べる」ものなので、色々な人の価値観や考え方に触れ、自分自身の視野を広げて

「自分が本当に選びたいもの」と「選んでいるもの」が、きちんと合っている事を確認しながら、人生を歩むことが大切になりますし

視野を広げることで「より自分が生きたい現実を生きる」ことが目的かと思うので、より生きたい現実を生きる為に、出来ることから始めること、行動することで現実を変えることに繋げてみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.