1:現実を創造する

思い込みを手放す方法

更新日:

人は誰でも、大なり小なり思い込みを持って生きているもので、そうした思い込み、人が「信じているもの」で世の中は出来るているものでもありますが

自分が持っている思い込みによって「望まない現実を歩んでいる」人は、自分が本当に望む現実を歩む為に「思い込みを手放す」ことや

望む現実に繋がる思い込みを取り入れる」ことで、現実を変えることに繋がります。

思い込みが激しい人というのは「夢を見ている」ようなものなので

視野を広げて現実を見て、自分とは違う考え方をしている人や、自分とは違う現実の受け取り方をしている人の話を聞くことで

自分自身の視野が広がったり、人の多様性を受け止めることや、理解することが出来るようにもなりますね。

・思い込み、現実に対する見方を知る

人は現実に起こった出来事を見る時に、「事実」に「自分の現実の見方」を付け加えて見ているものなので

「人に対して思うこと」というのは、「自分が思っていること」「自分の中にあるもの」になる、ということを理解、実感することは大切になります。

例えば「楽しいことが好きな人」は、周りの人も楽しいことが好きだろうと考え、出来るだけ楽しく過ごせるような行動を取ることになるかと思いますし

「楽しくなくていい」と思っている人を理解することは難しいかもしれませんが

「周りの人も楽しみたいと思っている」というのは、自分が「そう思っているから」だということが、自分の「思い込み」であり

それが悪い訳ではありませんが、相手が「そうして欲しそうだったから」というよりも、自分が「そうしたかったから」だと意識を変えることが

自分の現実に対して当事者意識を持ち、思い込みを手放して生きることに繋がりますね。

・思い込みを手放す

人は自分が生きたい人生を生きる為に、その現実を歩む為に必要なものに目を向ける機能(RAS)を使って自分が生きたい現実を生きているものなので

自分の中にある思い込みは「自分が目を向けてきたもの」であり「自分が見たいもの」だと自覚することが

自分の思い込みを手放すこと、価値観や考え方を変えることにも繋がります。

今の自分が持っている思い込みというのは、自分が「信じているもの」「理解・実感できるもの」なので

その思い込みを手放す為には、視野を広げて色々な人の意見を聞いたり、理解できないと思う人を理解しようとすることが大切になりますね。

自分の思い込みが自分の現実、自分の人生を創っていくことになるので、出来るだけ自分が本当に望む現実を生きることに繋がる思い込みを持つことや

自分が信じたいものを信じられる思い込みを選択することが、とても重要なことになりますね。

・思い込みは自分で選ぶことが出来る

人が持っている思い込みというのは、自分の現実の見方でもあるので

自分の「現実の見方・受け取り方」を変えることでも、思い込みを変えることに繋がりますし

自分が「生きたい現実を生きている人」は、現実を「どう見ているのか」「どう解釈しているのか」を知ることによって

より生きたい現実を生きる為に、自分の価値観・考え方を変えることにも繋がりますよね。

「幸せに生きたい」と思う人は「今ある幸せを感じる」こと

「豊かに生きたい」と思う人は「今ある豊かさに目を向ける」ことから始めることで

「それをすでに持っている」と自覚すること、実感することが、そうした人生を送ることにも繋がりますね。

・自分の「行動が望み」だと自覚する

人は「思っていること」と「やっていること」がズレていたり、「言葉」と「行動」がズレていたりすることがありますが

基本的には自分の「行動が望み」なので、普段自分はどんな行動を取っているのかや、周りの人がどんな行動を取っているのかを見ることで

その人の「本当の望み」は見えてくるものです。

ただ、人の行動の全てを知ることはできないですし、誰でも自分のフィルターを通して相手を見ているものなので

自分は自分の行動に集中すること、自分の現実を、より自分が生きたい現実へと向かわせる為に出来ることをすることが、大切になりますね。

自分の「行動」に焦点を当てることが出来るようになると、自分の「本当の望み」が見えてくるものなので

本当に望むものに繋がる行動を取る」ことを、選択することが重要になりますね。

・行動を変えて自分を変えると、思い込みも変わる

思い込みを変えるから行動が変わるのか、行動が変わるから思い込みが変わるのか

どちらが先か、というものでも無いかと思いますが

行動に焦点を当てる」方が、現実の変化は分かりやすくはありますよね。

行動を変えることが出来た時点で、自分の意識も変わっているものではありますが、「頑張って出来るようになる」とか「努力する」ことに焦点を当てるよりも

「慣れる」こと、「自然で居られる」ことが大切で、心を開いて、自分が望む現実を歩むことに繋がる思い込みを持って生きることが

より自分が望む現実を歩むことへと繋がるので

「望まない現実を歩むことに繋がる思い込み」を手放して

「望む現実を歩んでいる」ことを自覚し、「より望む現実へと向かう」為に、出来ることから始めること、続けること、広めることを、選択してみて下さいね。

◎思い込みを手放す方法:要約

*思い込み、現実に対する見方を知る

人は多かれ少なかれ「思い込み」「自分の現実の見方」を持って生きているものなので、自分が持っている思い込み、現実の見方を知ることで

「望む現実を歩む為に必要なこと」も見えてきますし、それが自分の現実を、より自分が望む現実にすることに繋がりますね。

*思い込みを手放す

自分が持っている「望まない現実を生きる思い込み」を手放すことが、生きたい現実を生きることを、自分自身に許すことへと繋がるので

例えば「頑張って働かなければいけない」「誰も自分を信じてくれない」「誰も自分を理解してくれない」「誰も自分を受け止めてくれない」といった思い込みは

自分で自分の現実をそうしたものにしてしまうことに繋がるので

自分からそうした思い込みを手放すことや、生きたい現実を生きる為に、「望む現実に焦点を当てる」ことが大切になりますね。

*思い込みは自分で選ぶことが出来る

自分が「何を信じるか」は、自分で決めることが出来るものなので

出来るだけ人を信じることを選択して生きる方が、人生は豊かなものとなりますよね。

思い込みは自分で選ぶことが出来るものなので、出来るだけ自分が生きたい現実を生きることに焦点を当て、行動することが重要になります。

*自分の「行動が望み」だと自覚する

自分が信じているものや、自分が潜在的に思い込んでいることというのは、「行動を見ると見えてくるもの」でもあるので

自分自身の「行動が望み」だと自覚し、現実を変える為には「行動を取ること」が大切になると意識して、一歩ずつでも進んでいくことが大切になりますね。

*行動を変えて自分を変えると、思い込みも変わる

自分が「自分をどんな存在だと思っているのか」というのは「セルフイメージ」という言葉で表されますが

「セルフイメージを変える」ことは、「行動を変える」ことになり、それは自分の「思い込みを変える」ことにも繋がります。

人は「セルフイメージ通りの人生を送っている」ので、それを変えることが「望む現実を生きる」為には重要な要素になり

セルフイメージも「思い込み」なので、セルフイメージをアップデートしながら、より自分が望む現実を生きる為の選択をしてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.