1:現実を創造する

思い込みを手放す方法

更新日:

人は誰でも「思い込み」を持って生きているもので、自分が持っている思い込みによって生きたい現実を生きているので、現実を変えることを考えたり、より生きたい現実を生きることを選択するなら

「望まない現実に繋がる思い込み」は手放すことが大切になります。

自分自身が持っている「思い込み」に「気づく」ことで、思い込みを手放すこと、出来るだけ現実をありのままに見ること、そして現実を受け入れることにも繋がるので

思い込みを手放して、より生きたい現実を生きる選択をすることが大切になりますね。

*思い込みに気づく

思い込みを手放す為には、自分の思い込みに気づくことは大切になります。

自分の思い込みに気づくこと自体が、思い込みを手放すことに繋がりますが、普段自分がどんな思い込みを持ちながら生きているのか、というのはあまり意識して生きている人は居ないかと思うので

普段自分が考えていることや感じていることを紙に書き出してみることで、自分が見ているものの中にある「事実」と「解釈」を分けて考えられるようになります。

一冊の本のレビューからでも様々な意見が出てくるように、人の数だけ思い込みというのは存在しますが

思い込みというのは「事実」以外の部分なので、それは例えば人の意見だったり、自分が感じたことだったり、自分が考えたり思ったりしていることになるので

自分以外の人から見た意見を聞いたり、出来るだけ事実だけを見ることで思い込みに気づくことが出来ますよね。

例えば自分が「嫌われているか」とか「好かれているか」などは「相手の気持ち」なので、人の気持ちや相手が考えていることを自分に都合のいいように解釈したり思い込みを持つよりも、「自分はどう思うか」を意識することも重要ですね。

男女二人が一緒に歩いているのを見て「カップルだ」と思ったり「友達だ」と思ったり「デートかな」と思ったり、現実を見て私たちは色々と自分の中にある情報から解釈をして

自分に都合のいいように現実を見ているものなので、そうした自分の「思い込みに気づく」ことで、事実だけを見ることに意識を向けることも出来ますよね。

*自分の現実の見方に気づく

思い込みを手放すことはフラットに現実を見ることに繋がるので、落ち着いて現実を受け止めることにも繋がります。

そして自分の現実の見方に気づくことで、望まない現実を生きている人は、自分が望む現実を生きることへと繋げることも出来るようになりますよね。

「人を信じて生きている人」「人を疑って生きている人」「肯定的な人」「否定的な人」「優しい人」「厳しい人」など、世の中には色々な人が居ますし、自分自身も色々な状態を経験したりしますが

それぞれが「自分が信じたいものを信じている」もので、自分の「現実の見方」「思い込み」を持って生きていて

自分が普段現実をどう見ているのか、という「自分の現実の見方に気づく」ことで、より生きたい現実を生きることへと繋がります。

人を妬んだり羨んだり、被害者意識を持って生きている人は、そうした思い込みを手放すことが大切になりますし、人は現実を「自分が見たいように見ている」と気づくことで、「事実だけを見ること」に意識を向けることが出来るようになり

より「生きたい現実を生きること」を選択することが出来るようにもなりますね。

*事実だけを見る

思い込みを手放す為には「事実だけを見る」ことはとても重要なポイントになります。

普段生活していると、つい自分が見たいように現実を見てしまいがちですが、事実だけを見ることに意識を向けることで、自分自身の状態を出来るだけフラットにしておくことも出来ますよね。

現実を動かすのは「行動」であり、人の望みというのは「行動に現れる」ものなので、人が何を言っているかよりも「何を行動したか」に意識を向けることで

自分の本当の望みに気づいたり、人が本当に望んでいることを知ることにも繋がりますね。

日々色々な出来事があるかとは思いますが、感情が先走ってしまうと望まない現実を生きることにも繋がってしまいやすいので、出来るだけ落ち着いて事実だけを見ることで軌道修正したり、望む現実へと繋げていくことが、生きたい現実を生きる為には大切になります。

*人の行動が無意識の望みだと知る

思い込みを手放す為には、人の行動が無意識の望みだと知ることもポイントになります。

自分が望む現実に向けて「行動できるか」「行動できないか」というのは自分の無意識の望みに気づくきっかけにもなりますし、自分が「行動に移すことが出来ない」のなら、それを「本当は望んでいない」ということで

「行動できる」のであれば、それを「本当に望んでいる」ということになります。

望んでいる、というよりも「合うか合わないか」と考えると分かりやすいかと思いますが、人は自分に合う現実を歩んでいるもので、自分に合わない行動をする時には抵抗が生まれるもので

そうした抵抗を無くしていく為にも「行動して慣れる」ことや、考え方や意識を変えて「気づきを得る」こと、自分の現実の見方を変えることで行動できるようにもなりますよね。

*行動する

思い込みを手放す為には「行動する」こと、行動しながら自分の思い込み、不安や恐れを手放していくことは現実を変える為の現実的な方法になります。

行動することで自分自身の経験値を増やしたり、知識を増やして行動しやすくしたり

行動することで色々な人の価値観や考え方、思い込みを知ることで視野を広げ、今まで見えていなかったものが見えることにも繋がりますよね。

自分自身の思い込みを手放す為には「事実だけを見ること」がとても大切にはなりますが、そこからより生きたい現実を生きる為には「生きたい現実を生きている人の現実の見方を知る」ことも大切になるので

思い込みを手放して、より生きたい現実に繋がる知識を得ながら行動に移していくことで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.