1:現実を創造する

引き寄せの法則と人間関係

更新日:

引き寄せの法則と人間関係について語られる時に重要なポイントとなるのは、自分の周りの人間関係は「自分が引き寄せたもの」であり

今の現実、自分の周りの人間関係というのは「自分に合う人が引き寄せられている」ものだと受け止めることや、自覚することですが

それは、自分の周りの「人間関係が変わる」こと、「人付き合いが変わる」ことは、「自分自身の変化」だということでもあります。

人は誰でも、自分に合う人と一緒に現実を歩んでいるかと思いますが、それは自分が変わると「一緒に現実を生きる人」も変わることになる

考えてみると当たり前のことではありますが

それを「知っている」としても、現実を変えることが出来るかどうかは人によるものですよね。

「引き寄せの法則は常に働いている」ので、今の現実、今の人間関係は「自分が引き寄せていること」だと自覚することで

「自分自身を変える」こと、そして「周りの人間関係を変える」ことにも繋がりますね。

・人には様々な面がある

自分自身もそうだと思いますが、人には色々な面があるもので、余裕がある時は優しく出来ますが、余裕が無い時はつい怒ってしまったりしますよね。

自分自身にも「色々な思い」があるように、人にもその人の「色々な思い」があり

「弱い面」や「強い面」、「対面する相手によって自分のどの面が出るかが変わる」こともあるもので

自分が相手のどの部分を「引き出すのか」というのは、「自分次第」で、変えることが出来るものだと受け止めることで

自分は人とどんな関わり方をしたいのかを「選択する」ことが大切だと気づきますね。

・自分の周りにいる5人の平均が自分

人は人生を歩んでいる内に、自然と「自分と合う人と人間関係を築いている」もので

「自分の周りにいる5人の平均が自分」だとも言われるように、自分の周りを見渡すことで、自分自身が見えてくるものです。

そして、それは自分自身が変わることで、周りの人間関係も変わるものなので、今までとは違う現実を生きることを選択するのであれば

周りの人間関係というのは「変わるもの」だと受け止め、「過去の人間関係に執着しないこと」

そして「生きたい現実を生きている人と繋がる」ことが、重要になりますね。

・生きたい現実を生きている人と繋がる

今の現実を変えること、より理想の現実を生きることを選択するのであれば、生きたい現実を生きている人と繋がること

「理想の現実を歩んでいる人と繋がる」ことが大切になります。

それは「SNS」でも「リアル」でも、自分自身と「周りの繋がり」を変えていくことが、「新しい人間関係の繋がり」になるので

出来るだけ「現実の場」で実際に会話をしたり空気感を感じたりする方が好ましいですが

それと同時に自分自身が「それに相応しい人になる」ことを意識し、自分自身も変えていくことが重要になりますね。

その為に出来ることから始めること、行動することで現実は変わっていきますし、現実を変えるのは「行動」だと意識して

より理想の現実を歩むことに繋がる人間関係を築くことを、選択してみて下さいね。

◎引き寄せの法則と人間関係:要約

*人には様々な面がある

引き寄せの法則は常に働いているもので、今の自分の人間関係というのは「自分が引き寄せたもの」であり

自分が人の「どの面を引き出しているのか」を意識することで、今自分の周りにいる人に対する印象が変わったり

自分がこれから引き寄せる人間関係を変えることにも繋がりますね。

*自分の周りにいる5人の平均が自分

今の自分の周りにいる5人の平均が自分だと言われるように

人は「周りの人によって創られる」ものでもあるので

自分が「誰と付き合うのか」や「誰と一緒に居たいのか」を、意図的に選択すること

自分が生きたい現実を生きることに繋がる人間関係を築くことが重要になりますね。

*生きたい現実を生きている人と繋がる

今の現実を、より生きたい現実へと変えていく為には、自分が「生きたい現実を生きている人」と繋がること

一緒に居る時間を増やすことや、そうした人と一緒に居ることが「自然」に感じられるように「自分自身を変えること」を、選択することが重要になりますね。

人は誰でも人間関係に多少不満や不安はあるかと思いますが

出来るだけ自分と縁が繋がっている人は大切に、お互いにとっていい関係を築くことを選択することで

自分の人生も相手の人生も大切にしながら生きることに繋がりますし

そうした人と人間関係を築いていくことで、人生はより豊かで充実したものとなりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.