1:現実を創造する

「行動が現実を創る」と理解して、生きたい現実に繋げる方法

更新日:

「行動が現実を創る」というのは当たり前なことですが、今の現実を受け止め、より自分が生きたい現実を生きる為に「何をするといいか」や「どんな行動をするといいか」を考えることで

可能性に目を向けて、より生きたい現実へと繋げることにもなりますし

「今の現実から何かを変えること」を考えるなら、自分自身の「行動を変える」ことで現実を変えることや

今の現実は自分のこれまでの「行動によって出来ている」と自覚することで

今の現実を受け止め、より生きたい現実を生きる為の「選択」をすることに繋がりますよね。

生きたい現実を生きる為には、自分が「本当に生きたい現実を生きる為の行動」をすることがポイントになるので

現実を受け止め、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分の「行動」が自分の「望み」だと知る

生きていれば色々な可能性の選択肢があったり、未来への分岐点があったりするものですよね。

これまでの人生を振り返ってみても、自分がしてきた選択が違うと今生きている現実も違うものだと実感するものですし

色々な経験をすることで、より自分が生きたい現実が明確になったり、自分が何を行動することがより生きたい現実に繋がるのか?も見えてくるものですよね。

人は誰でも生きたい現実を生きているもので、自分が本当に望んでいることというのは自分の「行動に現れる」もので

自分の「行動を見る」ことによって、自分が本当に望んでいること、無意識の望みが明確にもなりますよね。

*現実を変えるには「行動を変える」必要がある

今の現実を変えたいと思ったり、より生きたい現実を生きることを選択するなら、自分の「行動を変える」ことが大切になりますし

「行動を変える」ことで自分自身のセルフイメージを変えることや、より生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

生きたい現実を生きる為には、それに繋がる行動をする必要があるので、自分の行動が生きたい現実を生きることに繋がっているのかを意識して

そうでないと感じるなら、それを変えることを選択することがポイントになります。

その為にも自分が「生きたい現実を明確にしておく」ことで、それに繋がる行動をすることにも繋がりますよね。

*行動を変える為に「意識・考え方」を変える

自分の意識が変われば行動が変わりますし、行動が変われば自分の意識も変わるので

行動を変えながら意識・考え方を変えること、気づきを得ながら行動していくことも効果的です。

人はそれぞれ、現実を自分が見たいように見て、自分が受け取りたい情報を受け取って生きているものなので

自分が「生きたい現実に合う」ように、意識や考え方を変えることで、現実から「何を受け取るのか」や、現実に対して「何を返すのか」が変わりますよね。

例えば「人を助けること」に焦点を当てて生きていた人が、「人を助けること」が「相手の成長を妨げていることもある」と気づくことは

自分自身や相手の自立に繋がったり

「自分の周りには仕事が出来ない人が多い」と考えている人は、その状況は「自分が創りだしているもの」だと気づくことで

「自分を変えて周りを変える」ことが出来るようになることもありますよね。

人は自分が生きたい現実を生きているものなので

誰かを助けたいと考えている人の周りには、「助けられたい誰か」が集まることになり、そうしてお互いに「お互いの望みを叶えている」ものなので

現実を受け止め、「自分は自分がやりたいことをしている」と自覚することで

周りを変えるのではなく「自分を変える」ことで、自分が本当に生きたい現実を生きることに繋がりますね。

自分が現実から受け取るものは、「自分の現実の見方」でもあるので

色々な人の現実の見方を知ることで、自分自身の視野を広げることや、行動できる人の意識・考え方を取り入れることも

より生きたい現実を生きるための行動をするための意識の変化になりますね。

*「行動する」ということ

「行動が現実を創る」ということは、例えば「資格を取得する為に勉強した」とか「旅行に行くために必要なものを揃えた」とか

「晩御飯を作る為に材料を買いに行った」というような、自分が取った行動によって現実がつくられていくこともそうですが

普段の自分の「話し方・声のトーン、目の動き、姿勢・態度、服装、歩き方」など、「自分が周りからどう見られるか」も「行動に含まれる」と捉えることで

より「生きたい現実に相応しい自分で在る」ことに繋がりますよね。

「人からどう見られるか」という意識が薄い人は、「人からどう見られるか」も「自分の現実を創る大切な要素である」と気づくことは大切になりますし

自分が「どう見られることで、生きたい現実を生きることになるのか」を考えてみるのも、自分がより生きたい現実を生きることに繋がりますね。

人がどう思うのかというのは、その人が見たいように見ているだけではありますが

例えば誰かに頼る時には「頼りなさそうな人よりも頼れそうな人に頼る」と思いますし

誰かに助けを求める時には「助けてくれなさそうな人より助けてくれそうな人に助けを求める」人は多いですよね。

そうしたことを考えてみても、人は無意識に「自分の望みを叶えてくれる人」と関わりを持つので

自分が「どんな人だと思われること」や「どんな人で在ること」が、自分が生きたい現実を生きることに繋がるのかを意識して

それに繋がる行動をとること、例えば服装を変えたり、言葉使いを変えたり、関わる人を変えたり

住む場所を変えたり、持ち物を変えたりして、自分自身を変えることを選択していくことで、より生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

*生きたい現実に合う行動をとる

自分が取る行動というのは、基本的に「自分が望んでいること」になるので、自分が今生きている現実が「自分が生きたい現実」だと自覚して

より自分が生きたい現実を生きるために「それに合う行動を取る」ことや、「そこに合う自分で在る」ことがポイントになります。

その為には、自分が生きたい現実を「生きていることが自然」だと思える自分自身で在ることが大切になるので

「生きたい現実を生きている自分で在る」為の行動をすることで、自分の世界を広げていくこと

そして「生きたい現実を広げる行動をする」ことを意識して

今の自分に出来ることから始めることや続けること、自分に出来ることを増やすことで

生きたい現実を生きることへと、繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.