1:現実を創造する

行動が現実を創る

更新日:

「行動が現実を創る」ということは、当たり前なことですが、日常を送る際に忘れがちなことでもあるので、たまにゆっくりと考える時間を取りながら

今の現実を見据え、更に自分が望む現実を生きる為に「思考を巡らせる」ことも、大切ですね。

「今の現実から何かを変えたい」と考えるなら、自分自身の「行動を変える」ことはとても重要になりますし

今の現実は自分のこれまでの「行動によって出来ている」と自覚することで

今の現実を受け止め、より生きたい現実を生きる為の「選択」をすることに繋がります。

人は人が「どんな行動を取るのか」によって、人に対する「評価」をしたりしますが、それは自分自身にも当てはまるもので、自分が「どんな行動を取っているのか」を見直し

自分が「本当に生きたい現実を生きる為の行動」を取ることを選択することが、自分自身の可能性を広げることや、より理想の人生を生きることに繋がるので

「行動を変える」ことで、更に「自分が望む現実を生きる」ことを、選択することは大切ですね。

・自分の「行動」は自分の「望み」

人が望んでいることや、自分が望んでいることというのは「行動」を見れば分かるもので、言葉で自分の「望みを伝える」こともするかとは思いますが

「言葉よりも行動」の方が、「本当に望んでいること」に近いものなので

例えば女性ならば「痩せたい」とか「綺麗になりたい」といった望みを持つことが多いかと思いますが

そうした望み(欲)を持つだけの人と、実際に行動に移して自分を変える人に分かれるのは、それを「本当に望んでいるかどうか」の違いですよね。

ただ話のネタとして話しているだけなら「人と楽しくお喋りする事」が「望み」で、実際に痩せたいと思っている割合は低いかと思いますが

現実を変えることを考えるなら、自分が「本当は何を望んでいるのか」に気づくことは、重要になりますし

現実を変えることを選択出来る人というのは、既に「現実を変える為の行動を取っている」ので

今の現実は「自分が生きたい現実」「自分に合う現実」だと自覚すること、思い出すことは、大切になりますね。

・今の現実は「今までの自分の行動が創ってきたもの」だと自覚する

今の現実がどんなものであれ、それは「自分の行動が創ってきたもの」だと自覚すること

例えば、今まで勉強してこなかったから、勉強が必要のない仕事をしている人もいれば

今まで勉強してきたから、知識が必要な仕事をしている人もいるもので

そのどちらが良くてどちらが悪い、というものでもありませんが

自分が選択してきた「行動が今の結果を生んでいる」という「事実」を受け止めることは大切になりますし

「人に嫌われないように行動してきた人」は、人に嫌われない事を優先して生きている人で

「人にどう思われるかを気にしない人」は、自分がどうしたいかを優先して生きている人で

自分が「何を優先して行動しているのか」を自覚することで、現実を受け止めることや、自分が生きたい現実を生きる為に「変えること」も、見えてくるのではないでしょうか。

・現実を変えるには「行動を変える」必要がある

自分が生きている現実を変える為には「現実に対する見方を変える」ことも大切ですが、現実を間違いなく変えるのは「行動」なので

何かを変えたいと考えるなら、自分自身の「行動を変える」ことを選択する必要がありますし、何かを望むなら「望む現実に向けた行動を取る」ことが、必要になりますよね。

それは例えば、就職する為には就職活動が必要で、資格を取る為には勉強が必要で、勉強する為には本を買ったりインターネットで検索する必要があるもので

料理をする為には食材が必要で、食材はどこかから手に入れる必要があるものなので

作りたい料理を決めて、レシピを参考に食材を集め、手順通りに作ることで料理が完成するように

「望む現実」を明確にし、それに向けた「道を知り」「行動を取ること」で、現実は動き出します。

つまり「自分が取っている行動」が、それを望んでいると「現実に示す」ことになるので、自分がどんな行動を取ることが、自分が望む現実に繋がるのかを意識して

「行動を変えて現実を変える」選択をすることが、大切になりますね。

・行動を変える為に「意識・考え方」を変える

行動が変わると同時に意識も変わるものですが、行動を変える為に意識・考え方を変える方法を取ることも効果的です。

人はそれぞれ、自分が見たいように現実を見て、自分が受け取りたい情報だけを受け取って生きているものなので

自分が「生きたい現実に合う」ように、意識や考え方を変えることで、現実から「何を受け取るのか」や、現実に対して「何を返すのか」が変わりますよね。

例えば「人を傷つけずに生きたい」と考える人が「人を傷つけずに生きることは出来ない」と悟ったり

「人を助けること」に焦点を当てて生きていた人が、「人を助けること」が「相手の成長を妨げていることもある」と気づくことは

意識の変化、そして行動の変化に繋がりますし

「自分の周りには仕事が出来ない人が多い」と考えている人は、その状況は「自分が創りだしているもの」だと気づくことで

「自分を変えて周りを変える」ことに、焦点を当てることに繋がりますよね。

誰かを助けたいと考えている人の周りには、「助けられたい誰か」が集まることになり、そうしてお互いに「お互いの望みを叶えている」ので

「自分は自分がやりたいことをしている」と自覚することで、現実を受け止め、周りを変えるのではなく「自分を変える」ことで

自分が本当に生きたい現実を生きることに繋がりますね。

自分が現実から受け取るものは、「自分の現実の見方」でもあるので、色々な人の現実の見方を知ることで、自分自身の視野を広げることや

行動できる人の意識・考え方を取り入れることも大切になりますね。

・行動の中に含まれるもの

「行動が現実を創る」ことは、「資格を取る為に勉強し、資格を取った」というような、自分が取った行動によって現実がつくられていくこともそうですが

普段の自分の「話し方・声のトーン、目の動き、姿勢・態度、服装、歩き方」など、「自分が周りからどう見られるか」も「行動」だと捉えることで

「生きたい現実に相応しい自分で在る」ことも重要になります。

「周りの人が自分を創る」という意識がある人は、そうした「自分の在り方」の重要性を理解しているかと思いますが

「人からどう見られるか」という意識が薄い人は、「人からどう見られるか」も自分の現実を創る大切な要素であると気づくことは大切になりますし

自分が「どう見られることで、望む現実へと繋がるのか」を考えてみるのも、自分が望む現実を生きることに繋がりますね。

人がどう思うのかというのは、その人が見たいように見ているだけではありますが、「頼りなさそうな人よりも頼れそうな人に頼る」

「助けてくれなさそうな人より助けてくれそうな人に助けを求める」など

人は無意識に「自分の望みを叶えてくれる人」と関わりを持つので

自分が「どんな人だと思われること」が、自分が生きたい現実を生きることに繋がるのかを、ゆっくりと考えてみるのもいいのではないでしょうか。

・生きたい現実に合わせた行動を取る事が大切

自分が取る行動というのは基本的に「自分の望み」になりますが

より自分が生きたい現実を生きるためには「それに合う行動を取る」ことや、「そこに合う自分で在る」ことが大切になりますね。

自分が生きたい現実を「生きていることが自然である」と思えることは重要で、それは例えば「営業で1位を取ること」が「当たり前に出来る」人からすると

それは「当たり前に出来ること」で「自分自身でも納得出来ること」だったりしますが

それが出来ない人からすると、なぜ1位が取れるのか、理解出来なかったりするように

生きたい現実を生きている人を「理解する」ことは、自分の可能性を広げることや、新しい現実を創ることに繋がるので

今の現実を変えること、生きたい現実を生きる為には「そこに合う自分になる」為に「行動する」こと

「そこに合う自分で在る」為に「行動する」ことが、重要になりますね。

◎行動が現実を創る:要約

*自分の「行動」は自分の「望み」

自分自身の「行動」が、自分の「望み」だと自覚することは、行動を変えて現実を変える為にはとても大切なことになりますね。

本当に現実を変えることを考える人というのは「行動している」ものなので、「頑張る」「努力する」というよりも「やる」ことや「続ける」ことに焦点を当てることで

「行動し続ける」ことに繋がりますし、それは現実を大きく変えることに繋がりますね。

*今の現実は「今までの自分の行動が創ってきたもの」だと自覚する

今、自分がどんな現実を歩んでいたとしても、それは「これまでの自分の行動が創ってきたもの」だと自覚することで

現実を受け止め、より自分が生きたい現実を生きるための行動を取ることが重要だと気づきます。

*現実を変えるには「行動を変える」必要がある

現実を変える為には、何かしらの行動が必要になりますし、今までとは違う現実を生きたいと考えるなら、「今までと違う行動を取る」ことが必要になるので

自分が生きたい現実に向けて、出来ることから行動することを選択してみて下さい。

*行動を変える為に「意識・考え方」を変える

「行動すること」は、人によっては大きなエネルギーを使うことにもなるかと思いますが

「行動すること」が「当たり前に出来る」ように意識・考え方を変えることで、より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますね。

*行動の中に含まれるもの

「行動」というのは「何をした」ということもそうですが、自分自身の「在り方」「態度」なども意識してみることで

「周りの人に自分をつくってもらう」ことにも繋がるので、「周りの人にどう見られるか」を意識した行動を取ることも大切になりますね。

*生きたい現実に合わせた行動を取る

自分が生きたい現実を明確にすることで、「それに合う自分」として生きることに繋がりますし

その為に必要な行動も明確になり、現実を変える為に「何をすればいいのか」が見えてきますよね。

どんな現実を生きたいのかは人によるものなので、「自分が生きたい現実」を明確にすること、そして「それに繋がる行動を取る」ことを意識して

今の自分に出来ることから始めることや続けること、出来ることを増やすことを選択してみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.