1:現実を創造する

「手段」と「目的」の違いを明確にして「望み通りの人生」を生きる方法

「手段」と「目的」の違いを明確にしておくことは、自分が「本当に大切にしたい思い」を大切にしながら生きることに繋がるので、それは人が生きる上で、とても大切なことですよね。

「目的」の為に選んだ「手段」が、いつの間にか「目的」になっていると

例えば「自分は何の為に働いているのか」「何の為に生きているのか」「本当は何がしたかったのか」というように

「今に満足する」ことが出来なかったり、「無い物ねだり」になってしまうことに繋がりますし

そうならないようにする為にも、自分自身の「目的を明確にする」こと、そして「手段は変えてもいい」という柔軟性を持つことで

世の中の変化に対応しながら、自分自身の目的を達成しつつ、より望む現実を生きることに繋がりますね。

・「手段」と「目的」の違い

「手段」は「目的」の為にあるもので、「目的」なくして「手段」はありませんが、人それぞれ「目的」は違うものですし、目的だと思っていた事が手段だったという事もよくあります。

手段と目的は繋がっているもので、より大きな範囲での目的が「自分が本当に大切にしたい思い」に繋がりますし

「成長」「豊かさ」「感謝」「繋がり」「愛」「許し」など

そうした自分自身が大切にしたい「思い」に焦点を当てて「目的を決める」事も、重要になりますね。

人の「目的」というのは「欲求」と繋がっているので、マズローの欲求5段階説を引用するなら「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」、そして「自己超越」があり

「生きる事が目的」「安全に暮らす事が目的」「所属が目的」「自分の価値を認められる事が目的」など、自分が「何を目的にしているのか」は

多くの場合は承認欲求までの「欠乏欲求」、つまり「足りていない」と思う事を「満たす事が目的」になるかと思いますが

自分らしく生きる事」や「見返りを求めずに目的の遂行・達成だけを純粋に求める」といった自己実現欲求・自己超越の「成長欲求」に焦点を当てる方が

「確固たる目的」になり得ますし、その為の手段というのも幅広いものになるので

「目的を決める」時には、出来るだけ「成長欲求」に焦点を当てる事が、大切になりますね。

・「手段」が「目的」になると本質を見失う

「目的」の為に選んだ「手段」が、いつの間にか「目的」になっている日常的な例としては

「家族で楽しい時間を過ごす為に、みんなで旅行に行く」ことに決めたのに、意見が割れたり行きたい場所に行けなかったり、予定通りに進まずに家族間の空気が悪くなった

というのは「家族で楽しい時間を過ごす」という目的の為の「旅行に行く」という「手段」が、いつの間にか「目的」になっていて

本来の目的である「家族で楽しい時間を過ごす」という目的から逸れていた、といった出来事や

「生きる」ことを目的として「働く」ことを手段とした時も

生理的欲求や安全欲求が満たされ余裕が出来ると、生きる為に働いているのか、働く為に生きているのか分からなくなる事もありますよね。

そうした時に、本来の目的を明確にしておく事や、「手段が目的にならない」為に重要なことは、「現状に満足する」こと、足るを知ることと、そこから更に「成長ポイントを置く」ことです。

自分が「行なっている事」というのは基本的には「手段」になるので、その幅を広げたり深さを増すことで「目的」を達成しながら、生きることに繋がりますよね。

・自分自身の「目的」を明確にする

目的を決める」ことは、それに向けて必要な「行動を明確にする」ことに繋がり、それが自分自身の現実を創っていくことになるので

「どんな人生を歩みたいのか」を「決める」ことから、詳細な「目的を決める」こと、そして「手段を決める」ことに繋がりますし

やりたい事が明確なら、なぜそれをやりたいのかを意識する事で「自分の目的」も見えてきますね。

「お金持ちになること」が「手段」であり「目的」ではないように

「勉強すること」も「手段」であり「目的」ではありませんし

その先にある「自分がやりたいこと」について考えてみる事が、自分が本当に望む事を明確にする事に繋がります。

そして自分自身の「目的」を明確にする為には、自分自身と向き合うこと、そして現実と向き合うことも大切になるので

自分自身とゆっくり時間をかけて向き合うことで、より自分が望む現実を生きることに繋がりますね。

・「目的」の為なら「手段」は変わっていい

例えば「豊かな人生を送ること」が「目的」であれば、その為の手段というのは「お金持ちになる」ことや「生活水準を下げる」こと、「豊かさに目を向ける」ことなどから始まり

「お金持ちになる」為に「勉強する」「資格を取る」「起業する」「仕事を増やす」

「生活水準を下げる」為に「引っ越す」「自炊する」「外出を控える」

「豊かさに目を向ける」為に「有るものに感謝する」「豊かだと自覚する」など

目的の為に選ぶ事が出来る「手段」というのは沢山あるもので、その中から自分が「生きたい人生に合うもの」を選択することになりますが

「豊かな人生を送ること」が「目的」だとすると、「それがすでに手に入っている状態」であること「豊かさを感じている」ことは、とても大切なことになります。

「不足」に焦点を当てて生きている人は、常に「何かが足りない状態」を引き寄せることになるので

「足りないから欲しい」ではなく「足りている」状態であること

そこから更に「成長ポイントを置く」こと、つまり勉強する、資格を取る、起業するなどの「手段」を選択していくことで

望む現実を歩みながら」、より自分が望む現実を歩むことに繋がりますね。

人は自分が望む現実を歩んでいるもので、それを変えたいと本当に考えるなら「変えている」ものなので

何を手放し、何を取り入れるのか」を選択することは重要になりますし

自分の現実は自分が創っているのだと自覚し、「当事者意識を持って現実を歩む」事が、とても大切になりますね。

◎「手段」と「目的」の違いを明確にして「望み通りの人生」を生きる方法:要約

*「手段」と「目的」の違い

「手段」は「目的」の為にあるもので、「目的」というのは自分自身が「大切にしたい思い」であること

「目的を達成して何を得たいと思っているのか」に気づくことは、重要になりますね。

*「手段」が「目的」になると本質を見失う

「目的」の為に選択した「手段」が、いつの間にか「目的」になっていると、「何の為にそれをしているのか」、例えば「何の為に働いているのか」や「何の為に夢を追っているのか」など

自分自身の「動機」「初心」を忘れてしまうことに繋がるので、その「動機」や「初心」を思い出すことも大切になりますね。

*自分自身の「目的」を明確にする

自分が本当にやりたいこと、得たいもの、叶えたいことなどの「目的」、なぜそれをしたいのかという「動機」を明確にしておくことは

自分が歩みたい人生を歩む為に、道を逸れない為にはとても重要になるので、じっくりと時間をかけて考えてみたり、紙に書き出したりしてまとめてみるのも、いいのではないでしょうか。

*「目的」の為なら「手段」は変わっていい

大きな「目的」の為に「手段」が変わることはよくある事ですが、1つの手段に固執する必要はないので、視野を広げて様々な「手段」を取る事も選択肢に入れておくことで

より目的を広く、深く達成しながら生きることにも繋がりますよね。

自分の人生は自分の思い通りであり、人は生きたい人生を生きているものなので

何かを変えたいと考えるなら、「思いを変える」こと、そして「行動を変える」ことで、より「自分が生きたい人生を生きる」選択をしてみて下さいね。